オラクルも業務アプリにソーシャル機能。主要ベンダはどこもソーシャル機能を開発中

2010年10月6日

企業内コラボレーションがメッセージングやスケジュール管理、ドキュメント共有といった機能を備えるグループウェア的なものから、Twitterのようなタイムラインを中心としたマイクロブログ的なものへと移り変わろうとしていることは、6月の記事「企業内コラボレーションのTwitter化」で紹介しました。

そのトレンドをまた1つ裏打ちするソフトウェアが発表されました。オラクルの新しい統合業務アプリケーションの「Fusion Applications」です。先月9月20日に行われたOracle OpenWorldで公開されたデモとその画面に、タイムラインが備わっていました。

Fusion Applicationsは、企業の会計、人事、セールス&マーケティング、サプライチェーン、プロジェクト管理、調達、GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)のためのモジュールを揃えた統合業務アプリケーション。来年の第1四半期に出荷予定。

アクティビティストリーム

これがFusion Applicationsのデモで公開された画面。セールスマネージャ向けのセールスダッシュボードです。

fig

左上は売上げのグラフ、右上が案件ごとのステータス。そして左下にあるのが「アクティビティストリーム」と呼ばれるもので、同僚がおこなったアクションやスケジュールなどがタイムラインで表示されるようです。ツイートが表示されるTwitterというよりは、友だちのアクションが表示されるFacebookでのニュースフィードに近い感じですね。

fig

これによって同僚がどんな仕事にいま取りかかっているのか、といったことが伝わってきてソーシャル的な情報を共有できるようです。

セールスフォース、IBM、マイクロソフト、シスコ、SAP

これでPublickeyの「企業内ソーシャルアプリケーション」のリストに、オラクルのFusion Applicationsが加わりました。これまでにPublickeyで紹介した企業内ソーシャルアプリケーションの画面を記事「「企業内コラボレーションのTwitter化」」から再掲しましょう。

Twitterライクな企業内コラボレーションツールの火付け役となったともいえるのが、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Chatter」。

fig

IBMが開発中と伝えられている「Project Vulcan」も、Twitterのようにタイムライン中心(参考:IBMは企業向けのTwitter開発中、ソーシャルと業務を結びつける「Project Vulcan」)。

fig Ed Brill氏のエントリ「Lotusphere 2010: IBM Project Vulcan」から

マイクロソフトも「Office Talk」を開発しており、社内で運用中(参考:企業向けマイクロブログ、マイクロソフトも「OfficeTalk」開発で社内テスト実施中)。

fig

シスコも「Cisco Quad」でマイクロブログによるコラボレーション市場に参入したのは先週お伝えしたばかり(参考:シスコからもマイクロブログの企業内コラボレーションツール登場、Cisco Quad)。

fig

そしてSAPが開発中のSalesOnDemand(参考:動き出すSAPのクラウド戦略。セールスフォース対抗の「SalesOnDemand」も明らかに)。

fig

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : ERP , Oracle , Twitter , コラボレーション



≫次の記事
国勢調査のシステムはセールスフォースのクラウド採用。開発期間は数週間(修正あり)
≪前の記事
ストレージベンダ、次に買収されそうな候補トップ10

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus