NoSQLの情報が充実! 日経BP「みてわかるクラウドマガジン」。意表を突く表紙で発刊

2010年4月9日

とてもクラウド専門誌とは思えないような表紙の「みてわかるクラウドマガジン」が発刊されました。表紙だけを見ればどこかの出版社が面白おかしいムックでも作ったのかと思いきや、発行元は日経BP。日経Linux編集部が作成しています。

NoSQLが網羅的かつ詳細に紹介されている

fig

さっそく買って読んでみました。さすがに日経BPだけあって中味は充実。表紙はあえてこういう方向を狙ったのでしょう。

Amazon、Google、Salesfoce.comでの基本的なクラウドの使い方が画面写真入りで丁寧に紹介されている第一特集。そして、Hadoop、memcached、MongoDB、Cassandra、Kumofsなど、NoSQLの有名どころがひととおり詳しく紹介されている第二特集。

特にHadoopは20ページも使って仕組み、使い方、事例まで詳しく伝えていますし、NoSQL概要やMongoDBの紹介記事を書いているのはRubyで有名なまつもとゆきひろ氏という豪華さ。

これ一冊で、クラウドの話題になっている要素をざっくりと見渡せそうな、お得な一冊。特にNoSQLデータベースの紹介は読むだけでひととおり試した気になるほど具体的に紹介されていますので、NoSQLに興味がある方は全体を俯瞰する資料としても手元に置いておく価値があると思います。

第三特集の「国内外クラウドサービス 徹底解説」も、こんなに国内にクラウドサービスが展開されていたのかと、新たな発見がありました。

以下が目次です。

▼いますぐクラウドを試そう
Amazon EC2/S3を見て体験!
Google App Engineを使ってみる
Force.com をちょっと使う

▼絶対わかるクラウド技術
▽Hadoopを使ってみる
▽クラウドを支える key-valueストア
 memcachedを使ってみる
 話題のkumofsってなに?
 楽天のROMA
 NoSQL の世界
 MongoDBを試してみよう
 Twitterも使い始めた「Cassandra」

▼国内外クラウドサービス 徹底解説
富士通 「オンデマンド仮想システムサービス」
ニフティ 「ニフティクラウド」
マイクロソフト 「Windows Azure Platform」
ソフトバンクテレコム 「ホワイトクラウド シェアードHaaS スタンダード」
…35社 クラウドサービス 詳細スペック一覧

▼クラウドを自作する
Gmai,DropBoxが使えるライブ版USBを作ろう
Chrome OSをビルドする
Eucalyptusでプライベートクラウドを作ってみる

Vol2は出るのでしょうか?

この雑誌「みてわかるクラウドマガジン」には「Vol1」とされていますが、雑誌ではなくムック(雑誌スタイルの書籍)ですから定期刊行物ではなさそうです。次号予告もないので、次がいつでるかも分かりませんが、Vol2も期待したいですね。

みてわかるクラウドマガジンvol.1 みてわかるクラウドマガジンvol.1
抽象的でわかりにくい「クラウド」を、わかりやすく理解できるはじめての雑誌。35社国内外クラウドサービス大解説、ITproへの「アクセスログ」を使ってMapReduceにチャレンジ! クラウドを生かす企業を紹介。クラウド時代のデータベース「NoSQL」/「key-valueストア」 体験&理解

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : おもしろ , 書評



≫次の記事
iPhone OSのFlash外し、アドビCTO「アップル次第だ」vsジョブズ氏「進化の妨げになる」
≪前の記事
GMail、Yahoo MailがOAuthへ対応。時代遅れのメールは復活できるか?

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus