デルの新型ブレードサーバ、GPGPU搭載でピーク性能は400ギガフロップス

2010年6月10日

デルは、同社の最新ブレードサーバ「PowerEdge M610x」に、グラフィックスカードを処理性能向上の目的で搭載可能にしたと、同社のブログで伝えています

Dell Bolsters Blade Offerings with New PowerEdge M610x and M710HD - Inside Enterprise IT - Blogs - Dell Community

グラフィックスカードに搭載されているGPUの能力を、一般的な計算処理に使う「GPGPU(General Purpose GPU)」は、ベクトル型の処理ではCPUの数十倍以上の処理能力を発揮するとされており、流体計算や気象のシミュレーション、暗号解読、音声やビデオなどの波形処理など、高速な並列処理を得意としています。

PC Worldの記事「Dell Adds GPUs to Blade Server for Performance Boost」によると、このブレードサーバにNvidiaのTelsaカードを搭載した場合、ピーク性能は400GFLOPS(ギガフロップス)に達するとのこと。

いままでGPGPUはワークステーションで利用することが一般的でしたが、ブレードサーバに搭載されることで、複数サーバのGPGPUを同時に活用する大規模な並列処理アプリケーションの展開や、業務アプリケーションでのGPGPUの活用といった展開が広がるかもしれません。

fig 奥がM610x本体、手前がPCI-Expressカードを搭載可能な拡張部で、搭載されているのがGPGPU(デルのビデオから)

2つのPCI-Expressスロット

このM610xはCPUにIntel Xeon 5500/5600の2ソケットを備え、最大搭載メモリは192GB。2つのフルレングスPCI-Expressスロットに最大250ワットまでのグラフィックスカードを利用可能。

PCI-Expressカードにはグラフィックスカードのほか、RAIDカードを導入してローカルストレージ性能を向上させたり、I/Oアクセラレーションカードなどを導入することでサーバ性能の向上をはかることもできると説明されています。

デルはほかのサーバベンダのような独自開発チップセットなどは採用せず、標準的な構成のサーバを提供し続けてきたベンダです。しかし、4月に発表した「PowerEdge M910」では、2ソケットで4ソケット分のメモリを搭載可能なFlexMem Bridge技術を採用し、そして今回はGPGPU搭載ブレードサーバなど、標準技術の範囲の中でユニークな工夫によって特徴あるサーバ製品を提供しはじめています。

サーバのコモディティ化が進むといわれている一方で、記事「サーバは「単体」から「群体」へと進化中」に書いたように新たなサーバへの進化が模索されているのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  サーバ


次の記事
データセンターは国内、管理者は海外? 指摘されるクラウドの危険性

前の記事
Hadoopは企業のための新たな情報分析プラットフォームとなる、とCloudera


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig