JSONの「発見者」クロックフォード氏が語る、JSON伝説

2009年8月18日

JSON (JavaScript Object Notation)は、JavaScriptにおけるオブジェクトの表記法をベースとした軽量なデータ記述言語です。現在では多くの言語で扱えるようになり、XMLと並んでWebでのデータ交換によく利用されるデータ記述言語といっていいでしょう。

このJSONというテクニックを発見し世に広めたのが、Yahoo!でSenior JavaScript Architectの肩書きを持つDouglas Crockford氏です。間違いなくJavaScriptの第一人者といえます。

そのCrockford氏が登場し、「The JSON Saga」と題したプレゼンテーションのビデオがYahoo! Developer Networkで公開されています。彼がどのようにJSONを"発見"し、定義したのか。XMLやJSONといったデータ記述言語をどのように考えているのか、彼自身の考えが語られています。そして、実はCrockford氏よりも先にJSONが発見されていたというエピソードも紹介されています。


50分近くの長いビデオですので、時間のあるときにご覧になってはいかがでしょうか。

また、彼がJavaScriptの歴史、構文、命令、関数、データ型などをじっくりと詳細に解説するビデオセミナーも紹介しておきます。登場していきなり「ブレアウィッチプロジェクトへようこそ」などとオヤジギャグを飛ばしてすべる姿が見られます。

参考記事 on the Web

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript



≫次の記事
身振り手振りのインターフェイスがXboxからWindowsへ、マイクロソフトの「Project Natal」
≪前の記事
キャッシュの大きいRDB vs インメモリデータベース、性能がどれだけ違うのか調べてみると

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus