サーバレスはAWSの顧客の7割以上、Google Cloudの顧客の6割以上が利用、Datadogの調査結果

2023年8月29日

モニタリングサービスをSaaSとして提供しているDatadogは、同社のサービスを通じてサーバレスを監視している2万以上の顧客のデータを基にしたサーバレスに関する調査結果を発表しました

ここでは調査結果の主なポイントを見ていきましょう。

AWSの顧客の7割以上がサーバレスを利用

クラウドを利用している顧客のうち、何パーセントがサーバレスを利用しているかについての調査では、AWSの顧客の70%以上、Google Cloudの顧客の60%が1つ以上のサーバーレスソリューションを使用しており、Azureは49%と僅差で続いています。

fig

サーバレスのプラットフォームには、AWS LambdaやGoogle Cloud Functionsなど、クラウド側であらかじめマネージドなランタイムが提供されるサービスだけでなく、Google Cloud Runに代表される、利用者が自身で構成したコンテナを実行可能なサーバレスプラットフォームもあります。

サーバレスを利用している組織のうち、そのようなコンテナベースのサーバレスプラットフォームを使っている割合を見てみると、Google Cloudの顧客は6割以上がコンテナベースのサーバレスプラットフォームを使っていることが示されました。

fig

これは逆に見れば、AWSやMicrosoft Azureの顧客の多くが、AWS LambdaやAzure Functionsをサーバレスプラットフォームとして利用していることを意味しています。

AWS Lambdaの利用言語はNode.jsがトップ

AWS Lambdaでどのような言語が使われているかの調査結果では、Node.jsが4割以上でトップ、続いてPython、Javaとなっていました。

fig

また、AWS Lambdaへのデプロイメントツールでは、より多くのホストを利用している組織ほどTerraformの利用率が高くなっていることが示されました。

fig

そのほかの調査結果などは、ぜひ元記事「The State of Serverless」をご覧ください。

あわせて読みたい

AWS Google Cloud Microsoft Azure クラウド サーバレス




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本