今年(2023年)の国内クラウド市場規模が7兆円超となり、従来型のIT市場規模を上回ることが明らかに。IDCジャパン

2023年7月5日

調査会社のIDCジャパンは、2022年~2027年の国内クラウド市場予測を発表しました

発表によると、2022年の国内クラウド市場は売上額ベースで5兆8142億円。今年(2023年)の4年後となる2027年にはこれが約2.3倍の13兆2571億円になると予測されています。

fig国内クラウド市場 用途別売上額予測、2022年~2027年 (Source: IDC Japan, 6/2023)

クラウド市場規模が従来型ITの規模を超える

また発表の中で同社は、2023年の国内クラウド市場規模が7兆円を超え、国内エンタープライズIT市場における従来型ITを超える規模まで拡大するとの予測も明らかにされました。

2011年3月にAmazon Web Servicesの東京リージョンが開設され、日本国内のクラウド市場が本格的に成長をはじめてから12年が経過した今年、市場規模において、ついにクラウドがエンタープライズITの本流になる日がやってきたわけです。

成長の牽引はクラウドマイグレーションからDXへ

国内クラウド市場はその成長の牽引役が「クラウドマイグレーション(リプレイスメント/効率化)」から「DX/データ駆動型ビジネス」に移行し始めていると同社は指摘します。

そのためITサプライヤーは、目先の大きな需要である「クラウドマイグレーション」と、今後の大きな成長領域であるDX/データ駆動型ビジネスを連携させる必要があるとしました。

同社Software & Servicesのリサーチディレクターである松本聡氏は、「ITサプライヤーは、内製化支援の強化やFinOpsといった新しいアプローチに積極的に取り組むと共に、DXユースケースを設定してオファリングを整備する必要がある。また、最近高い注目を集めるGenerative AI(生成AI)の活用を意識したユースケースの設定にいち早く着手することが重要である」とコメントしています。

あわせて読みたい

クラウド 業界動向



タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本