Ubuntuが.NET 6/ASP.NETをネイティブサポートすると発表。最適化されたコンテナイメージをCanonicalが配布開始

2022年8月17日

マイクロソフトとCanonicalは、Linuxの代表的なディストリビューションの1つであるUbuntuが.NET 6をネイティブにサポートすると発表しました(マイクロソフトの発表Canonicalの発表)。

Canonicalはパッケージマネージャやシェルなどを省いて徹底的にスリム化し、.NET 6とASP.NETランタイムに最適化したUbuntu 22.04 LTSのコンテナイメージの配布を開始します。またUbuntu 22.04 LTSのホストOSでは「apt install dotnet6」コマンド一発で.NET 6のインストールが可能になります。

もともと.NET 6はWindows、macOS、Linuxのクロスプラットフォームに対応するフレームワークですが、Ubuntuが正式サポートを発表したことで、aptコマンドによるシンプルで確実なインストールが実現されると同時に、セキュリティパッチやアップグレードもタイムリーに提供されることになります。

.NET 6を公式にサポートするLinuxディストリビューションが登場したことで、企業がLinux上で.NETを利用する環境が整ってきたと言えそうです。

もちろんCanonicalにとっても.NETという強力なフレームワークをサポートすることでUbuntuのデベロッパー体験を向上させ、Linuxディストリビューションの差別化要因としたい思惑があることでしょう。

Ubuntu 22.04と.NET 6はいずれもLTS版としてリリースされており、Ubuntu 22.04は2027年までの5年間、.NET 6は2024年までの2年間のサポートが約束されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ .NET / Linux / Microsoft



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本