Meta(旧Facebook)、テキストエディタ用のUIコンポーネント「Lexical」をオープンソースで公開。Reactなどフレームワークの依存性なく軽量で高速、機能拡張も容易に

2022年4月15日

Meta(旧Facebook)は、テキストエディタ用を実現するJavaScript用のUIコンポーネント「Lexical」をオープンソースとして公開しました

fig

Lexicalを用いることで、JavaScriptでのプレーンテキストなテキストエディタ、フォント設定や太字、下線、取り消し線などの修飾が可能なリッチテキストエディタの開発が容易になります。

fig試した限り、日本語でも問題なく動作した

Reactなどを始めとする特定のJavaScriptフレームワークやライブラリには依存していないため、基本的にどんなフレームワークとも組み合わせて利用することが可能。

Lexicalは信頼性、アクセシビリティ、実行速度にフォーカスして開発されていると説明されており、W3Cのアクセシビリティ標準となる「Web Content Accessibility Guidelines」(WCAG)にも準拠しており、Webブラウザの読み上げ機能などを始めとするアクセシビリティ機能に対応。

圧縮後のサイズは22kbと比較的小さく、性能に関しては同社が以前から公開していたエディタ用UIコンポーネントのDraft.jsと比較してタイピング性能が20%から70%向上したと説明されています。これは特に性能の低いデバイスで利用するときに有利に働くとのこと。

拡張が容易になるようにAPIが容易されており、すでにReactから容易に利用できるライブラリやプラグインが提供されています。

Meta社内ではDraft.jsをLexicalで置き換え

前述の通り、Metaは以前から同様の目的でのJavaScript UIコンポーネントとしてDraft.jsを公開しています。しかしDraft.jsはかなり以前にWebブラウザの「contentEditable」属性による機能を補う目的で開発がスタートしたため、より進化した現在のJavaScript環境では、React 18以降への対応を含む改善にさまざまな困難が伴うとのことです。

そこでDraft.jsとは異なるプロジェクトとして新しく開発されたのが、今回オープンソースとして公開された「Lexical」です。すでにMeta社内ではDraft.jsからLexicalへの置き換えが行われており、今後は置き換えのためのドキュメントなども整備していく予定とされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ JavaScript / プログラミング言語 / Facebook



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本