Docker Desktop 4.14登場。コンテナごとのCPUやメモリ消費量のグラフ化、コンテナイメージの依存関係などをビジュアルに表示可能

2022年11月24日

Docker Desktop 4.14正式版がリリースされました。

Docker DesktopはWindowsやMacなどのローカル環境に簡単にDockerコンテナ環境を導入し、設定できます。さらにKubernetesも含まれているため、手元のマシンで簡単にKubernetes環境まで用意できるソフトウェアです。

今回リリースされた最新バージョンの4.14では、コンテナごとのCPU、メモリ、ディスク、ネットワークI/Oなどの消費量と、Docker Composeプロジェクトごとに集計するテーブルビューなどが表示可能になりました。

fig

時系列のグラフ表示も可能になっています。

fig

さらにコンテナイメージの詳細なビュー表示も可能になり、依存関係のなかで脆弱性が含まれていなかろうかを確認できるようになるとのこと。この機能は今後数週間で展開されると説明されています。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Docker / コンテナ型仮想化 / Docker Desktop



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本