GitHubがコード検索を強化。正規表現対応、プログラミング言語別、組織やリポジトリ、ファイルパスなど範囲指定、高速な結果表示

2021年12月10日

GitHubは検索機能を刷新し、新たに強化したコード検索機能「https://cs.github.com」のテクノロジープレビューを公開しました。

新しいコード検索機能では正規表現に対応したほか、特定のプログラミング言語を対象にすること、特定の組織やリポジトリ、ファイルパスなどの検索範囲を指定することなど柔軟な条件設定が可能です。

検索フィールドに検索したい文字列を入力している途中で動的に候補が表示されます。

Rust言語で開発され、検索を実行すればほぼ瞬時に結果が表示されるなどの高速性も備えています。また独自のランキング評価によって適切だと思われるソースコードを検索結果の上位に表示するようになっているとのこと。

下記は新しいコード検索機能を紹介しているYouTubeの動画から、その内容を簡単にまとめたものです。

これがコード検索機能の初期画面

fig

正規表現で検索。ソースコードの該当する部分が表示されます。

fig

初期画面には、スコープの設定として組織(org:rails)、プログラミング言語の指定(language:ruby)、リポジトリの指定(repo:torvalds/linux io_uring)、ファイルパスの指定(path:__init__.py)など、さまざまな指定方法が例示されています。

fig

入力フィールドの左側、デフォルトで「All repos」となっている場所をクリックするとプルダウンメニューになっており、検索対象の範囲を設定可能。組織のリポジトリ、個人のリポジトリ、特定のリポジトリなどが設定できるほか、細かいカスタマイズも可能。

fig

入力フィールドに条件を入力すると、指定された範囲内の候補が自動的にプルダウンメニューで表示されます。

fig

そのほかにも便利な検索機能が多く紹介されています。詳細は下記の動画をご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / GitHub



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本