[速報]マイクロソフトとオラクル、クラウドの相互接続で合意。クロスクラウドのシングルサインオン、AzureからOracle Cloud Databaseへの接続などが可能に

2019年6月6日

マイクロソフトとオラクルは戦略的提携の下で、両社が運営するクラウドであるMicrosoft AzureとOracle Cloudの緊密な相互接続を行うと発表しました(オラクルの発表マイクロソフトの発表)。

fig

この提携により両社のクラウドは高速なネットワークで相互接続されることになります。まずは本日よりOracle Cloudの北米リージョン(Ashburn)とAzureの米西リージョンが接続され、今後さらにほかのリージョンへの接続も行われる予定です。

下記はプレスリリースからの引用です。

Enterprises can now seamlessly connect Azure services, like Analytics and AI, to Oracle Cloud services, like Autonomous Database. By enabling customers to run one part of a workload within Azure and another part of the same workload within the Oracle Cloud, the partnership delivers a highly optimized, best-of-both-clouds experience.

企業はAzureのAnalyticsやAIなどのサービスと、Oracle CloudのAutonomous Databaseなどをシームレスに接続できる。この提携による高度に最適化された両社の優れたクラウド体験は、利用者はワークロードの一部をAzure上で、それ以外をOracle Cloud上で稼働させるとことも可能にする。

両社のクラウドは、単に相互接続されるだけではありません。シングルサインオンも可能になります。

Unified identity and access management, via a unified single sign-on experience and automated user provisioning, to manage resources across Azure and Oracle Cloud. Also available in early preview today, Oracle applications can use Azure Active Directory as the identity provider and for conditional access.

統合アイデンティティとアクセス管理が統合シングルサインオン体験と自動化されたユーザープロビジョニングによって提供され、AzureとOracle Cloud間でのリソース管理を実現する。また、OracleのアプリケーションはAzure Active Directoryをアイデンティティプロバイダとアクセス管理のために利用可能になり、これを本日よりアーリープレビューとして提供する。

また、Azure上でのOracleアプリケーションからOracle Cloud上のOracle Autonomous DatabaseやExadataといったデータベースサービスを利用することも可能。カスタマサポートについても両社で協力して提供していくとのことです。

下記は両社のクラウドの連係の例を示した図。シングルサインオンとサービスの利用がクラウドを超えてシームレスに実現するようです。

fig

マイクロソフトとオラクルにとって、この提携はなかなかクラウド市場で追いつけないAWS(Amazon Web Services)との距離を少しでも早く詰めていくため、両社の強みを組み合わせて顧客に提供するための提携だといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本