「Azure Spring Cloud」発表。Spring Bootアプリの開発実行に対応したマネージドサービス、Pivotalとマイクロソフトが協業で

2019年10月10日

Pivotalとマイクロソフトは、Azure上でSpring Bootアプリケーションの開発や実行に対応したマネージドサービス「Azre Spring Cloud」を発表しました

Spring Bootは、JavaのSpring Frameworkベースのアプリケーションを手軽に作成するためのフレームワークです。

Azure Spring Cloudは、「Azure Kubernetes Service」を基盤にしたマイクロサービスの実行環境と、アプリケーションのソースコードからコンテナイメージのビルドなどを行う「kpack」、そしてSpring Bootアプリケーションのためのフレームワークとして、Spring Bootのランタイム、ビルドサービス、Cosmos DBやAzure Database for MySQLなどとの統合レイヤ、Azureが提供するストレージやキャッシュ、イベントハブなどをSpringから利用するための抽象化レイヤや、レジストリ、ロードバランシング、サーキットブレイカー、メトリクス収集機能などを備えた「Spring Cloud」などから構成されます。

Azure Spring Cloudは現在、プライベートプレビューとして受付が開始されています

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本