Mesosphere DC/OSがKubernetesをサポートすると発表。コンテナオーケストレーションの事実上の標準へ勢いを増すKubernetes

2017年9月7日

Mesosphereは、同社のデータセンターOS「Mesosphere DC/OS」のコンテナオーケストレーション機能としてKubernetesをサポートすると発表しました

kubernetes on Mesosphere DC/OS 図左上にコンテナオーケストレーションとしてKubernetesがMarathonと並ぶようになった

Mesosphereは、Kubernetesのサポートに当たり「私たちのゴールは、どんなインフラにおいてもパブリッククラウドのように“Container-as-a-Service”の体験をエンタープライズの運用チームに提供することです」と説明。Mesosphere DC/OSでのKubernetesサポートの特徴を次の3つだとしました。

  • 100%純粋なKubernetesのオフィシャルディストリビューション
  • パブリッククラウドのように簡単にKubernetesを実行可能
  • DC/OSクラスタ上で本番品質のKubernetes運用が可能

Mesosphere DC/OSとは

Mesosphere DC/OSは、オープンソースとして開発されている「Apache Mesos」をベースに、コマンドラインインターフェイスやWebインターフェイス、関連ソフトウェアのMarathonやChronosなどを統合したものです。

Mesosphere DC/OSは仮想マシンのプールを用意し、必要に応じてアプリケーションに自動的に割り当ててくれます。例えば、Webサーバを特定のスペックのインスタンス6ノードで実行するように指定するだけで、プロビジョニングやデプロイなどの必要な作業はすべて自動的にMesosphere DC/OSがやってくれ、クラスタを立ち上げて運用の自動化までを実現してくれます。

データセンターのインフラを隠ぺいし自動化する機能を提供しているため、DC/OS=Datacenter OSと名乗っているのです。

コンテナオーケストレーションにおける事実上の標準へ勢いを増すKubernetes

コンテナをたばねてクラスタ化し、そこへアプリケーションを展開して運用の自動化などを行うツールを一般に「コンテナオーケストレーションツール」と呼びます。

Mesosphere DC/OSは独自のコンテナオーケストレーションツールとして、以前から「Marathon」を搭載していました。これにより、Mesosphere DC/OSではコンテナのクラスタを指定するだけで仮想マシンのプロビジョニングからコンテナのクラスタ運用まで自動的に行えるプラットフォームとなっています。

Marathonは、Docker SwarmやKubernetesとともに主要なオーケストレーションツールのひとつとして知られていました。

そのMarathonの基盤となっていたMesosphere DC/OSがKubernetesをサポートしたことは、主要なオーケストレーションのなかでKubernetesがまたひとつ存在感を高めたと言っていいでしょう。

先月にはCloud Foundryで独自のコンテナオーケストレーション機能を実装していたPivotalも、Cloud Foundryとは別に、Kubernetesをコンテナオーケストレーションツールとして採用し、VMware環境上にコンテナ環境を構築する新しいソフトウェア「Pivotal Container Service」を発表しています

と同時にVMwareがオープンソースとしてKubernetesの開発をホストするCloud Native Computing Foundationへの加盟を発表しました。同じく8月にはAWSもCloud Native Computing Foundationへの加盟を発表しており、7月にはマイクロソフトも加盟を発表しています

コンテナオーケストレーションツールは、これからさらにコンテナが普及し、コンテナをベースにしたマイクロサービスアーキテクチャを採用したアプリケーションが普及する際に、その基盤として欠かせないソフトウェアです。数か月前までその事実上の標準がどのツールになるのか予想するのは難しい状況でしたが、ここ数か月のKubernetesの勢いは競合を圧倒する勢いに見えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Kubernetes / コンテナ型仮想化 / Mesosphere



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本