マルチクラウドの企業はこの1年で82%から85%へ増加、セキュリティへの懸念は減少。クラウド別ではAzureの採用が急増。RightScaleの調査2017年版公開

2017年2月21日

マルチクラウドに対応したマネジメントサービスを提供している米RightScaleは、クラウドに関するユーザー調査「Cloud Computing Trends: 2017 State of the Cloud Survey」を発表しました。

RightScaleによる調査結果のため、回答者の95%がクラウドを利用しており、89%がパブリッククラウドを利用しています。

fig

パブリッククラウド、プライベートクラウドにかかわらず、複数のクラウド(マルチクラウド)を利用している企業は85%。うち、複数のパブリッククラウドが20%、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドが58%となっています。

昨年2016年はマルチクラウドを利用している企業は82%だったため、やや増加傾向とのこと。

fig

クラウドを採用する上で課題になっているのは、昨年もっとも多い回答であった「リソースや能力不足」が32%から今年は25%へ減少。セキュリティへの懸念も29%から25%へ減少。クラウドの管理コストも26%から25%へ減少。コンプライアンスも26%から23%へ減少と、すべての項目でクラウド採用の課題は減少しています。

fig

どのクラウドを採用しているかでは、AWSが昨年と今年で変わらず57%なのに対し、Microsoft Azureが20%から34%へ急増、Google、IBMも増加している一方、OracleとDigital Oceanが減少している点は興味深い結果となっています。ただしこれはRightScaleの調査なので、IaaSの利用が中心だと思われる点に注意が必要です。

fig

そのほか詳しい内容はRightScaleのWebサイトからダウンロード可能です

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ クラウド / 業界動向



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本