Google、Dockerイメージに対するテスト自動化フレームワーク「Container Structure Tests」オープンソースで公開

2018年1月11日


Googleは、同社がコンテナをリリースする際に社内でテストツールとして利用してきた「Container Structure Test」フレームワークをオープンソースとして公開しました

Container Structure Testの発表

Container Structure Testは、コンテナ内部でコマンドを実行することで正しい出力やエラーが帰ってくるかどうかや、コンテナ内部のファイルが正しく格納されているかなどの検証を実行できるフレームワークです。

具体的には下記のテストをサポートしていると説明されています。

Command Tests
コンテナイメージ内部でコマンドを実行し、正しい出力やエラーが返ってくるかを検証する。

File Existence Tests
コンテナイメージ内部に、あるファイルがファイルシステム内の適切な位置に存在しているかどうかを検証する。

File Content Tests
コンテナイメージ内のファイルシステムにあるファイルのコンテンツとメタデータを検証する

A unique Metadata Test
コンテナ自体のコンフィグレーションとメタデータを検証する

テストはスクリプトファイルなどを書くことなく、JSONもしくやYAMLファイルで記述できます。下記がコマンドテストのサンプルです。コマンド名や引数と期待される出力結果などが並ぶ簡潔なもののようです。

commandTests:
  - name: "gunicorn flask"
    setup: [["virtualenv", "/env"], ["pip", "install", "gunicorn",  
"flask"]]
    command: "which"
    args: ["gunicorn"]
    expectedOutput: ["/env/bin/gunicorn"]
- name:  "apt-get upgrade"
  command: "apt-get"
  args: ["-qqs", "upgrade"]
  excludedOutput: [".*Inst.*Security.* | .*Security.*Inst.*"]
  excludedError: [".*Inst.*Security.* | .*Security.*Inst.*"]
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  Docker , Google


次の記事
ExcelにPython搭載か?/Dockerコンテナ時代の第一章の終わり/ブログでメシが食えるか? ほか、2017年12月の人気記事

前の記事
Amazon EC2の最新基盤として「VMware Cloud on AWS」や「EC2ベアメタル」の実現にもつながったAWSの「Nitro System」とは?


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig