VMwareが次期vSphereのベータコミュニティメンバーを募集開始。今後継続的にコミュニティからフィードバックを得たいと

2017年11月7日

VMwareはvSphereに対するベータコミュニティメンバーの募集を開始した。次期バージョンだけでなく、将来にわたってvSphereへのフィードバックを得るためのコミュニティを形成したいという。


VMwareがvSphere Beta Programへの参加者募集を開始しました

ベータプログラムに参加することで、以下のメリットがあると説明されています。

ベータプログラムは、ソフトウェアをダウンロードして自分の環境で試すこともできますし、VMwareが用意したホスト環境で試すこともできるようです。

申し込みは「VMware vSphere Beta」から可能。

VMware vSphere Beta

これまでのvSphereベータプログラムとは違う

ただし今回のベータプログラムは、これまでのベータプログラムとは違うと説明されています。それは次のvSphereといった特定のバージョンに結びついたベータプログラムではなく、今後のvSphereに対して継続的にフィードバックを得るためにベータプログラムコミュニティに対する募集となっているためです。

vSphere Blogに投稿された記事「It’s Here! New VMware vSphere Beta: Indicate Your Interest! - VMware vSphere Blog」で、次のように説明されています。

This beta program is different from our past programs in that it is not tied to a specific version or release only. We are now moving to a beta program that, along with the new beta community, will continue through multiple releases of vSphere. Participants can expect to see new functionalities and capabilities added on an ongoing basis for their feedback.

このベータプログラムは、特定のバージョンやリリースだけに結びついているというわけではない点で、これまでのプログラムとは異なります。ベータプログラムは複数のバージョンに渡って継続される新しいベータコミュニティへと移行するのです。参加者はフィードバックなどによる新しい追加機能の実現を期待できるでしょう。

マイクロソフトはWindows 10から「Windows Insider Program」を開始し、これに申し込んだユーザーには正式リリース前のビルドが試せるようになっています。

vSphereのベータプログラムコミュニティも、おそらくこうしたものになり、参加者にはつねに新しいバージョンが提供され、そのフィードバックをもとに継続的に製品を改善していくというサイクルになっていくと推測されます。

そうなるとすると、vSphereは今後、数年後との大きなバージョンアップというよりも、短いサイクルで少しずつバージョンアップしていくものになっていくのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  VMware


次の記事
DBMS市場のリーダーはマイクロソフト。オラクルが続き、AWSとSAPが追う。IBMは地位後退。ガートナーがDBMSのマジッククアドラント2017年版を発表

前の記事
MS、Google、Firefoxなどのドキュメントが一本化/Bash on Windowsという名称は非推奨に/DockerがKubernetesと統合、ほか。2017年10月の人気記事


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig