SlackがAmazon.comから買収の打診を受けた、との報道。Bloomberg

2017年6月16日

企業向けチャットサービスを運営するSlackが、Amazon.comなどから買収の打診を受けたとBloombergが報じています。

fig

記事は関係者からの話として報じており、買収額は9ビリオンドル(90億ドル=約9900億円)を上回り、もし買収が決定すればAmazon.comにとってこれまでで最大の買収額になるとのことです。

Amazon.comがSlackの買収を提案する理由は2つ考えられます。

1つは、今年2月に発表した企業向けビデオ電子会議のクラウドサービス「Amazon Chime」とSlackのチャットサービスを統合することで、サービスの強化につなげるというもの。

Amazon.comが提供するクラウドサービスはAWSこそ競合他社より飛び抜けて強いものの、企業向けのメールサービス「Amazon WorkMail」や仮想デスクトップサービスの「Amazon WorkSpaces」など企業向けのアプリケーションサービスは、GoogleのG SuiteやHangout、マイクロソフトのOffice 365やSkypeほどの存在感を示せていません。

Slack買収は、同社の企業向けアプリケーションサービスにとっての大きな武器になるでしょう。

もう1つの理由はAmazon Echoによる音声サービスとSlackのチャットサービスを結びつけることでコミュニケーションプラットフォームとしてのAmazon Echoの強化につなげようとするものです。

Amazon Echoを通じたコンピュータとの音声対話は徐々に普及しようとしていますが、SlackにもBotを通じてコンピュータと対話する仕組みが普及しています。

Amazon EchoとSlackのBotをうまく連係あるいは統合できれば、音声でもテキストでもコンピュータと自然言語で自由に会話ができるようになり、それはより強力なコンピュータとの対話プラットフォームになる可能性が考えられます。

いずれにせよまだBloombergによる報道があっただけですので、何らかのオフィシャルな発表がこのあとに続くのか、注目したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 業務アプリケーション / Office
タグ  Slack


次の記事
Server Side Renderingについて知るべきこと。Server Side Renderingとは何か? それによって何が改善されるのか?(前編) ng-japan 2017

前の記事
日本ヒューレット・パッカード、FPGA搭載でリアルタイム重複排除を備えるハイパーコンバージドインフラストラクチャ「HPE SimpliVity」発表。Nutanix追撃へ


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig