会社が倒産してオープンソースとなったNoSQL「RethinkDB」。最初のオープンソース版「RethinkDB 2.3.6」が公開

2017年7月20日

RethinkDBは同名の企業ReghinkDB社が開発していたNoSQLデータベースで、JSON形式を処理できる高速な分散データベースとしてモバイルアプリケーションのバックエンドやリアルタイムデータ処理などを得意としていました。

しかし残念ながらビジネス面で成功できず、同社は2016年10月に倒産。2017年2月には、同社のコードやドキュメント、トレードマークなどの知的財産が、Kubernetesの開発などを主導するCloud Native Computing Foundationに買い取られ、Apache Licenseにライセンスし直されてオープンソース化されることが発表されました

fig

そして7月17日付けで、オープンソース化されてはじめてコミュニティによって開発が進められた最初のバージョンとなる「RethinkDB 2.3.6」が公開されました

RethinkDB開発コミュニティの一員であるRyan Paul氏は、RethinkDB 2.3.6のリリースを発表したブログで、オープンソース版RethinkDBの開発には同社の元従業員も関わっていると次のように書いています。

After the company behind RethinkDB shut down last year, a group of community members and former employees devised a transition plan to ensure that the database would live on as an open source software project.

RethinkDBの開発元が昨年倒産した後、コミュニティメンバーと元従業員らは、このデータベースがオープンソースソフトウェアのプロジェクトとして生き続けられるよう、移行プランについて検討してきた。

RethinkDBがオープンソース化されると決まった後には、コミュニティによる貢献がしやすいようにコードを改善することも優先事項のひとつだと説明されていました

あらためてRethinkDBの主要な特徴をまとめると、次のようなものになります。

今回のバージョン2.3.6は既存のRethink 2.3.xと互換性を保ちつつ、WebUIの改善やいくつかのバグフィクスなどを行ったものです。

次のバージョンアップはRethinkDB 2.4になる予定で、新機能の追加などが行われるとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  NoSQL


次の記事
OneDriveですべてのファイルのバージョン管理が可能に、30日以内なら過去のバージョンに戻すことも

前の記事
Open Container Initiativeによるコンテナランタイムとコンテナイメージの最初の標準化作業が完了、「OCI v1.0」発表


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig