Google Compute Engine、仮想マシンの入れ子(Nested Virtualization)を可能に。KVM対応

2017年10月2日

Googleは、Google Compute Engineの仮想マシンの上でさらに仮想マシンを実行できる「Nested Virtualization」をベータ公開したと発表しました

Nested Virtualization Nested Virtualizationの構造

Nested Virtulizationを用いることで、オンプレミスなどのサーバの仮想環境で動作しているシステムのイメージをそのままGoogle Compute Engineに持ち込むことが可能なため、例えばディザスタリカバリ時のフェイルオーバーなどを容易に構築できると説明されています。

Netsted Virtualizationはどのマシンタイプでも利用可能、通常の価格より大幅に安価(ただしGoogle Compute Engine側の都合で終了させられることがある)なプリエンプティブルインスタンスにも対応しています。

また、Netsted Virtualizationはインテルプロセッサが搭載する仮想化支援機能のVT-xに対応しており、高い性能を実現しています。

ただしNested Virtualizationで対応している仮想化ハイパーバイザは、現時点ではKVM互換の仮想化ハイパーバイザのみで、Hyper-V、VMware ESX, Xenなどはサポートされていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google Cloud Platform , Google Compute Engine


次の記事
[速報]「Oracle 18c Autonomous Database」発表。エリソン氏「世界初の自律的なデータベース」。Oracle OpenWorld 2017

前の記事
Googleも仮想マシンなどの料金を秒単位に変更、即日開始。AWSの秒単位料金に対抗


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig