2017年第2四半期、クラウドインフラでトップのAWSはシェア34%、2位はAzureで11%。3位はIBM。上位ベンダの支配はさらに強まる。Synergy Research Group

2017年8月7日

調査会社のSynergy Research Groupは、2017年第2四半期におけるクラウドインフラサービスの市場調査結果を発表しました

fig 同社発表のグラフを加工し、シェアの数字を加えています

同社によると、シェアのトップはAWSで34%。2位がマイクロソフトで11%、3位がIBMで8%、4位がGoogleで5%。

ただし成長率ではマイクロソフトが過去の4四半期で3%(おそらく3ポイント)のシェアの伸びを示しており、AWSやIBM、Googleを上回る成長率を見せています。

またAWS、マイクロソフト、GoogleがパブリッククラウドとしてのIaaS/PaaSでリードしているのに対し、IBMはプライベートクラウドで市場をリードしているとのこと。

注目すべきなのは、AWS、マイクロソフト、IBM、Googleの上位4社がシェアを伸ばすか横ばいなのに対し、それに続く「Next10」と呼ばれるアリババ、富士通、NTT、オラクルといったクラウドベンダや「Rest of Market」とされるそれ以外のベンダはシェアを減らしている点です。

これは市場において上位4社の寡占化がさらに強まっていることを示しています。ただしSynergy Research GropuはNext 10の中でアリババとオラクルは高い成長を示したと指摘しているため、Next 10の中でも成長している企業と市場を失っている企業に分かれているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  調査結果


次の記事
クラウドで先行するAWSやAzureに、オラクルはどうやって追いつこうとしているのか。強みは最新設備のデータセンター[PR]

前の記事
IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた/「Microsoft 365」発表/「Open Source Friday」をGitHubが提唱ほか、2017年7月の人気記事

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig