V8 5.4ではJavaScript Engineのガベージコレクタ改善でヒープメモリ使用量を最大40%削減、パーサ性能も向上

2016年9月12日

オープンソースで開発されているJavaScriptエンジン「V8」の最新版「V8 version 5.4」のベータ版がリリースされました

V8 JavaScript Engine: V8 Release 5.4

V8 5.4ではガベージコレクタの改善が進み、特に512メガバイト以下の小さなメモリ環境においてオンヒープメモリの使用量のピークが最大で40%も減少していると説明されてます。これはasm.jsアプリケーションも含む大規模なJavaScriptファイルで高い性能向上効果を発揮するとのことです。

JavaScriptエンジンのメモリ使用量のメトリクスには、おもにピーク時のメモリ使用量と平均のメモリ使用量の2つがありますが、安定度や性能の面ではピーク時の使用量を減らすことによる効果が重要だとのこと。

また、パーサのスリム化による性能向上もはかり、そのほかの最適化の効果も組み合わせることでスタートアップ性能が向上しています。プロジェクトの内部で利用しているベンチマークでは中央値で5%の向上、Speedmeterベンチマークではマイナス10%からプラス13%程度の性能向上が見られるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Web技術 / JavaScript
タグ  Google , HTML5 , JavaScript


次の記事
ING銀行の基幹データセンター、消防訓練で消火ガス噴射の衝撃音が大量のハードディスクとサーバを破壊。ATMや決済サービスが停止に

前の記事
オープンソースのエディタ「Visual Studio Code 1.5」リリース。Vimエミュレーションの強化、20万ファイル以上の大規模プロジェクトでもファイル検索高速化など


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig