OpenStack Mitaka(三鷹)が正式リリース。管理機能やスケーラビリティが改善

2016年4月8日

オープンソースで開発されているクラウド基盤ソフト「OpenStack」13番目のリリースとなる「OpenStack Mitaka」のリリースが発表されました

OpenStackはリリースごとにアルファベット順のコード名を付けることになっており、本リリースのコード名「Mitaka」は、Mではじまるコード名として去年東京で開催された「OpenStack Summit Tokyo 2015」にちなんで三鷹の地名が採用されたもの

fig

OpenStackはコンピュート機能の「Nova」、ネットワーキング機能の「Neutron」、オブジェクトストレージ機能の「Swift」、ブロックストレージの「Cinder」など全部で6つのコアサービスと13のオプショナルサービスの集合体になっています

それぞれのサービスごとに新機能が追加されていますが、Mitakaリリースでの主な新機能は、Novaコンピュートサービスでマニュアル設定が必要だった設定項目が減少し、Keystoneアイデンティティサービスの複雑な設定ステップが簡単になるなど、管理機能が改善されています。

また、前リリースのLibertyから導入されたHeatオーケストレーションサービスのスケーラビリティの大幅な向上、OpenStackを利用するためのSDKが、より多くのプログラミング言語をサポートなども含まれています。

OpenStackは6カ月ごとに新リリースが登場しています。次は10月にNで始まるコード名を持つ「OpenStack Newton」がリリース予定です。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  IaaS , OpenStack , オープンソース


次の記事
Amazon.comビジネスの3本柱は、eコマース、プライム、そしてクラウドに。AWSのAndy Jassy氏がCEOに昇格

前の記事
MariaDB、カラム型データベースエンジン「MariaDB ColumnStore」発表。OLAPへ参入


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig