「OpenStack Summit Tokyo 2015」が開幕。基調講演にYahoo!、NTTグループなどが登場、「OpenStackはデータセンター抽象化のコア」(後編)

2015年10月27日

「OpenStack Summit」の初めての日本での開催となる「OpenStack Summit Tokyo 2015」が今日、10月27日に開幕しました。

(本記事は「「OpenStack Summit Tokyo 2015」が開幕。基調講演にYahoo!、NTTグループなどが登場、「OpenStackはデータセンター抽象化のコア」(前編)」の続きです。

基調講演の後半では、OpenStack Summit Tokyo 2015のヘッドラインスポンサーであるNECをはじめとする主要スポンサーベンダが登壇しました。

Super Integratorがユーザーと開発者の架け橋になる

NECの柴田次一氏。OpenStack FoundationのBoard of Directorsでもあります。

fig

OpenStackのコミュニティには2011年から参加し、加盟企業の方々と成功に向けていろんな話をしてきました。そのときには、基調講演者になるとは考えもしませんでした。この場に立ててとてもうれしく思います。

「OpenStack Superuser」と呼ばれるユーザーは、その経験をコミュニティに提供し、それによってSuperuserになっていきます。

しかし、普通のユーザーにとってOpenStackを活用できるようになるまでの道のりの先は長いものです。そこで、普通のユーザーがOpenStackのユーザーとして成長していく支援をするためのインテグレータ、いわば「Super Integrator」が求められています。

Super Integratorのポイントは2つ。

1つはオープンであることです。OpenStackの構築と運用で突き当たる多くの問題を解決し、そのことをオープンにフィードバックする。それによってOpenStackがさらに良くなっていきます。

そして貢献すること。Super Integratorはユーザーと開発者の架け橋として貢献し、それによって誰もがメリットを享受できます。

このようなSuper Integratorを通じて多くのユーザーがOpenStackを使えるようになれば、エコシステムも広がり、それが新しいOpenStackのパワーになります。だからこそ、エコシステムの中にこうしたインテグレータが必要なのです。

NECはOpenStackのユーザーでもありインテグレータでもあります。ユーザーとしてOpenStackのクラウドを1年前に構築し、インテグレータとしてはクラウド構築の体験を用いたインテグレーションサービスを1週間前に発表しました。

NECはSuper Integratorに向かって努力し、それを通じてOpenStackのエコシステムに貢献していきます。ここで紹介したSuper Integratorのコンセプトを、ほかのインテグレータの方々とともにどう広げていくのかを話し合えればと思っています。

シャドウクラウドを撲滅する道とは

Bitnami 共同創業者兼COO Erica Brescia氏

fig

Bitnamiは130以上のアプリケーションをパッケージし、イメージをカタログとしてアップロード、主要なクラウドプラットフォームでの展開を可能にしています。開発環境も展開しています。

AWSもAzureも、数時間以内にサンフランシスコでOracle Cloudへの対応も発表します。OpenStackの対応も進めています。

クラウドにお客様が求めていることは、使い勝手の良さとすばらしいエコシステムです。

使い勝手の良さとは、アプリストアにアプリケーションが並んでおり、クリックすればすぐに使いはじめられること。お客様はすでにAndroidやiOSのような使い勝手になれているのです。

そしていまやこうしたことはオンプレミスよりもパブリッククラウドの方が簡単に実現できているのが現実です。Node.jsの環境がほしいとき、パブリッククラウドならクリック1つで用意できてしまいますが、オンプレミスではインストールしなければなりません。

ユーザーは使い勝手の悪いシステムからどんどん離れていくでしょう。

そしてこうした使い勝手の良さの実現にBitnamiはフォーカスしています。多くのベンダもそうしようとしていますが、現実にはこの部分はおざなりになりがちです。

使い勝手のよい、エコシステムの整ったクラウドを作ることで、ユーザーがシャドウクラウド(ユーザーが勝手に外部のパブリッククラウドを使うこと)ではなく、社内で指定されたクラウドを使うようになるでしょう。

これこそシャドウクラウドを撲滅する道なのです。

インテルのOpenStackへのコミット

インテル、Imad Sousou氏。

fig

インテルは「Intel Cloud for All」という取り組みをしています。数カ月前に「OpenStack Innovation Center」を立ち上げました。

また、OpenStackの開発を行うチームを、新しいエンジニアを採用して立ち上げました。このチームはOpenStack Foundationのプロダクトワーキンググループなどと連係していきます。

もう1つは、それぞれ1万台のサーバを備えた2つのデータセンターを用意し、OpenStackの開発プロジェクトの拡大のために提供します。

インテルはOpenStackに強いコミットメントを持ち、より優れたものにしていくことに貢献したいと考えています。

OpenStackを4つのサービスの基板に採用

GMOインターネット テクニカルエバンジェリスト 斉藤弘信氏。

fig

GMOインターネットでは4つのサービスの基盤でOpenStackを採用しています。自社でクラウドを設計、実装、運用することで、最適なサービスをスピーディに提供できると考えています。

われわれは2011年頃からOpenStackを利用しています。すでに1万5000人以上のユーザー、1400のサーバ、4つのリージョンから構成されています。

fig

今日はわれわれの戦略上重要な2つのクラウドサービスを紹介したいと思います。1つ目はConoHaです。2015年にリリースしたパブリッククラウドサービスで、OpenStack Junoを採用。すべてのストレージがSSDなので非常に高速です。

もう1つはGMO AppsCloudです。ゲームアプリに特化したクラウドで、ベアメタルが使えるのが特長です。

OpenStackはわれわれのようなクラウド事業者にとっておおきなベネフィットをもたらしてくれます。われわれはこれからもOpenStackを使い続けるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , OpenStack , クラウド



≫次の記事
OpenStackでDockerコンテナのネットワークを実現する「Project Kuryr」が登場。OpenStack Summit Tokyo 2015
≪前の記事
「OpenStack Summit Tokyo 2015」が開幕。基調講演にYahoo!、NTTグループなどが登場、「OpenStackはデータセンター抽象化のコア」(前編)

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus