デル、Linuxを採用したホワイトボックススイッチ用OS「OS10」発表。ASIC抽象化API対応、Linuxアプリでユーザーがスイッチを拡張可能

2016年1月26日

ネットワークスイッチなどのネットワーク機器は、これまではネットワーク機器専用ハードウェアに専用のOSが搭載されたアプライアンスとして提供されることが一般的でした。しかしここ数年、x86サーバのような汎用ハードウェアをネットワーク機器としても用いる、いわゆるホワイトボックススイッチに注目が集まっています。

その背景には、クラウドなどの大規模データセンターなどで柔軟にネットワーク機器を調達し、利用したいというニーズがあります。

例えばFacebookは同社が主導するOpen Compute Projectで、オープンなスイッチ「Wedge」の仕様を公開。HPも昨年、Linuxベースのスイッチ用OS「OpenSwitch」をオープンソースで公開しており、マイクロソフトもLinuxベースのデータセンタ向けスイッチOS「Azure Cloud Switch」の開発を明らかにしています

Linuxアプリケーションでスイッチのカスタマイズも可能

米デルは1月20日、ホワイトボックススイッチに対応したOS「Oparating System 10」(OS10)を発表しました

OS10はベースとなるLinuxと、その上で実行されるオプション部分に分かれており、オプション部分ではL2、L3スイッチ機能のほか、ポリシーコントロール、管理サービスなどが提供されます。

またOS10にはサードパーティ製のアプリケーションも実行可能で、セキュリティサービスやファブリックサービス、自動化ツールなどの機能をあとから付加することも可能。

fig

また、Linuxであるため、その上で独自のLinuxアプリケーションを実行することも可能で、顧客ごとに独自の機能を備えたスイッチへのカスタマイズもできるようになっています。す。

ホワイトボックススイッチでは、高速なネットワーク機能を実現するためのASICが搭載されていることが一般的です。ASICにはさまざまな種類があるため、OS10ではASICを抽象化するためにOpen Compute Projectが定めているAPIの「SAI」(Switch Abstraction Interface)にも対応しています。

OS10のベースとなるLinux部分は3月に、その上のアプリケーションモジュールは今年後半にベータテストに入るとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : DELL , クラウド , データセンター , ネットワーク , ホワイトボックススイッチ



≫次の記事
厳格なウォーターフォールの金融系IT企業が、スクラムを採用した初のアジャイル開発プロジェクトの経緯と成果を語る(前編)。Regional SCRUM GATHERING Tokyo 2016
≪前の記事
ワールドワイドのクラウドサービス市場は5年で2倍に成長、ほとんどのソフトベンダはSaaS/PaaSベースのコードへシフト。IDCが予測

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus