GoogleとBoxが提携、BoxのクラウドストレージからGoogle Appsが利用可能に。BoxWorks 2016

2016年9月9日

企業向けにDropboxのようなクラウドストレージサービスを提供するBoxは9月7日、サンフランシスコでプライベートイベント「BoxWorks 2016」を開催。基調講演でGoogleとの提携を発表しました。

fig VMwareの創業者の一人で、現在はGoogleでクラウドビジネスの総責任者を務めるDiane Greene氏(左)と、Box CEO Aaron Levie氏(右)

両社の提携により、Google DocやGoogle Spreadsheets、Google Slidesなどの保存先としてBoxが利用可能になります。

With our new, deeper integration, Box will be able to serve as a content repository within Google Docs, including Sheets and Slides. People can create, open, edit, and collaborate on Google Docs directly from Box, and all changes will then be saved back to Box in real time.

この新しい深いレベルの統合により、BoxはGoogle DocsやGoogle Sheets、Google Slidesなどのコンテントリポジトリになることが可能です。ユーザーはBoxから直接Google Docsを起動し、ファイルの新規作成、オープン、編集、共同作業などができ、すべての変更はBoxへリアルタイムで保存されます。
Introducing a new Box and Google Partnership to Transform Work in the Cloud」から

fig

また両社は共同でGoogle Appsのコンテンツを統合的に検索するサーチエンジン「Google Springboard」のBox対応を開発していることも明らかにしています。

Springboardは単に検索するだけでなく、GmailやGoogle Calendarの内容などを参考に、機械学習の機能を用いて利用者に必要と思われる資料やおすすめのコンテンツをプッシュして表示することも可能です。

両社の提携により、Google Appsユーザーにとっては情報の保存先がよりオープンに選択できるようになり、BoxユーザーにとってはGoogle Appsの利用がより便利になることで、マイクロソフトのOffice 365などに対する競争力を高める効果があるといえるでしょう。

BoxWorks 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Box , Google , Google Apps , SaaS


次の記事
GoogleがApigeeを買収。Google CloudでAPIの外部公開や管理などが容易に

前の記事
IBMとクラウドストレージのBox、企業向けワークフローを共同開発。「Box Relay」を発表。BoxWorks 2016


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig