国内企業におけるオープンソースの導入率は31.3%。5000人以上の企業では39.4%。上位はLinux、MySQL、Tomcat、PostgreSQL

2016年2月16日

調査会社のIDC Japanは、国内企業におけるオープンソースソフトウェアの利用実態に関する調査結果を発表しました。有効回答は一次調査で1482社、二次調査で309社。

国内企業におけるオープンソースソフトウェアの利用実態調査結果を発表

発表によると、本番環境にオープンソースソフトウェアを導入していると回答した企業は31.3%。昨年が31.5%、一昨年は32%で、この3年で大きな変化は見られないとのこと。

従業員数別では、5000人以上が39.4%、1000人~4999人が36.8%。一方で100人~499人では24.8%と、規模に比例して導入率が上昇する傾向が見られます。「この背景には、多くの中小企業ではOSSを導入して管理する人材が乏しいということがあります。また、こうした状況が、OSSの導入率が上昇しない要因の一つとしても考えられます」(IDG Japanの発表より)。

本番環境で使用されているオープンソースソフトウェアは、使用率が高い順にLinux(67.3%)、MySQL(53.1%)、TOmcat(35.6%)、PostgreSQL(35.0%)、Samba(21.4)、Zabbix(16.2%)、Xen(16.2%)となっています。

そのほか分野別のソフトウェアの使用率は次のように発表されています。

OS
Linux系(67.3%)
BSD系(12.9%)

RDBMS
MySQL(53.1%)
PostgreSQL(35.0%)

アプリケーションサーバ
Tomcat(35.6%)
JBoss(12.0%)

システム運用管理
Zabbix(16.2%)
Nagios(7.1%)
Chef(3.9%)
Hinemos(1.9%)

システムソフトウェア
Samba(21.4%)
BIND(13.6%)

ハイパーバイザー
Xen(16.2%)
KVM(10.7%)

クラウド基盤
OpenStack(6.1%)
Docker(4.5%)
CloudStack(3.6%)
CloudFoundry(2.9%)

データ分散処理
Hadoop(6.8%)
Spark(1.3%)

NoSQL
MongoDB(4.5%)
Scalaris(4.2%)
Cassandra(2.6%)
Hypertable(2.6%)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Linux , オープンソース , 調査結果



≫次の記事
JavaVMを論理分割したマイクロコンテナ上でJavaアプリを実行可能に。オラクルがコンテナ機能を実装したWebLogic Server 12c R2をリリース
≪前の記事
基幹業務がクラウドへ上がれば周辺のソリューションもクラウドへ上げやすくなる。SAP ERPのクラウドインテグレーション専業ベンダ「BeeX」をテラスカイが立ち上げ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus