「VirtualBox 5.0」正式版リリース。準仮想化でWindowsやLinuxの性能向上、ヘッドレスによるバックグラウンド実行など

2015年7月13日

米オラクルは仮想化ソフトウェアの「VirtualBox 5.0」正式版のリリースを発表しました

VirtualBox 5.0の最大の特徴は、準仮想化機能を新たに搭載したことです。LinuxがゲストOSの場合はKVMのように振る舞い、WindowsがゲストOSのときにはHyper-Vのように振る舞うことでLinuxやWindowsの性能を向上させています。

画面表示を含むUIを表示せずに仮想環境を起動し実行する「Headless Start」も新たにサポート。バックグラウンドで仮想環境を実行するのに適しています。

fig

またxHCIコントローラのサポートによりUSB 3.0にも対応。ホストOSとゲストOS間でのドラッグ&ドロップ機能も改善。

そのほか、MacOSにおけるHiDPIサポート、3Dアクセラレーションを含む画面スケーリング、SATAディスクのホットスワップなどの機能も追加されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : VirtualBox , 仮想化



≫次の記事
[速報]マイクロソフト、機械学習を誰でも使えるようにする「Cortana Analytics Suite」発表
≪前の記事
Google App Engineも「Go言語」の正式サポートを発表

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig