パブリッククラウドから撤退した米ヒューレット・パッカード、マイクロソフトとの提携で「Microsoft Azure推し」に

2015年11月25日

先月、パブリッククラウドからの撤退を発表したばかりの米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(以下HPE)は、マイクロソフトと提携し、Microsoft Azureを「プリファードクラウドパートナー」にすることを明らかにしました。

2015年第4四半期の業績をプレスやアナリスト向けに報告する電話会議において、HPE会長兼CEO メグ・ホイットマン氏は、ハイブリッドクラウドの提供を推し進めていくと今後の戦略を説明したうえで、次のように話しました。

「これを前進させる一環として、マイクロソフトとの提携を来週のDicsover(注:ロンドンで開催予定のプライベートイベント)で発表する。エンタープライズ向けハイブリッドクラウドの提供において、われわれはMicrosoft Azureを『プリファードクラウドパートナー』とし、マイクロソフトは弊社をハイブリッドクラウドでのインフラとサービスにおける『プリファードプロバイダ』とする」

提携の具体的な内容については、Discoverのイベントで明らかにされるとのことです。

クラウド市場ではAmazonクラウドがリーダーとされており、マイクロソフトはMicrosoft AzureでそのAmazonクラウドを猛追しているところです。

Amazonクラウドがパブリッククラウド専業であるのに対し、マイクロソフトはMicrosoft Azureに加えて、プライベートクラウドやハイブリッドクラウド向けの製品も提供しているところを強みとしています。

今回のHPEとマイクロソフトの提携は、パブリッククラウド市場から撤退しつつも企業向けのインフラとサービスに強いHPEと、ハイブリッドクラウドを武器にAmazonクラウドとの競争を戦おうとしているマイクロソフトにとって、望ましい補完関係にありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HP , Microsoft , Windows Azure , クラウド , ハイブリッドクラウド



≫次の記事
Facebookが開発したオープンなスイッチ「Wedge」仕様書が公開、ネットワーク機器もオープン化へ。100ギガイーサ対応スイッチの「Wedge 100」も開発表明
≪前の記事
まだぼやけているHTML5の将来、WHATWGとの二重管理のジレンマ。W3C TPAC 2015

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus