クラウドでコードが走る「AWS Lambda」正式公開。AWS Mobile SDKでモバイル対応。Node.jsに加えてJavaでの記述も可能に

2015年4月14日

昨年11月に発表されたAWS Lambdaは、利用者がインスタンスやストレージのようなコードを実行する基盤を用意することなく、クラウド上でコードを走らせることができる新サービスです。

AWS LambdaのコードはNode.jsで記述し、クラウドで発生するイベントに応じて自動的にクラウド上でコードが実行されるのが特長です。

fig

AWS Lambdaがモバイル対応。Java対応も予定

先週、サンフランシスコで開催されたAWS Summit 2015 San Francisco 2015で、このAWS Lambdaの正式公開と、モバイル対応などの強化が発表されました。

機能強化では、AWS Mobile SDKがAWS Lambdaをサポートしたことで、モバイルアプリケーションからLambdaを直接呼び出せるようになり、またアイデンティティと同期機能を提供するAmazon CognitoもAWS Labmdaと統合。Amazon SNS triggerをトリガーとして利用することにも対応しました。

fig

これらの機能はすでに利用可能になっています。

さらに、AWS LambdaをNode.jsに加えてJavaで記述できるようにする予定で、数週間以内に提供されるとのことです。

参考

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : AWS , Node.js , PaaS



≫次の記事
Docker対応の「Amazon EC2 Container Service」正式公開。コンテナ群のロードバランス、スケールアウト、デプロイ機能なども強化
≪前の記事
ノイジーネイバーを遮断する新型コンテナ「Hyper-V Container」をマイクロソフトが発表。Windows Server上の新しいコンテナ実装

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig