Amazonクラウドの最新価格表をJSONやCSVで取得できる「AWS Price List API」がリリース

2015年12月11日

クラウドはサーバインスタンスの起動から終了までをすべてAPIで操作できるだけでなく、ストレージもネットワークも、データベースやキューなど、さまざまなコンピュータリソースやアプリケーションをAPIで操作できるようにしてきました。

Amazon Web Services ブログ: 【AWS発表】新しいAWS Price List API

そしてAmazonクラウドが新しく発表した「AWS Price List API」は、Amazonクラウドで提供されているサービスの価格を取得できるサービスです。このAPIを使うことで、JSONもしくはCSVのフォーマットでサービス一覧とそれに関連した価格情報を取得できます。

APIの利用は簡単で、次のURLにアクセスすることでデータが取得できます。

https://pricing.us-east-1.amazonaws.com/offers/v1.0/aws/{offer_code}/
current/index.{format}

offer_codeはAmazonクラウドのサービスにユニークに割り当てられているコードで、Amazon EC2なら「AmazonEC2」、Amazon S3なら「AmazonS3」となっています。formatにはJSONもしくはCSVを指定します。

また、価格情報が変更されるたびにAmazon Simple Notification Serviceで通知を受けることもできるようになっているため、価格変更が行われたらそのつど最新の価格情報を取得する、といった処理が容易にできるようになっています。

サービスと価格がマシンリーダブルな形式で入手しやすくなったことで、価格変更に対して動的にクラウドの利用状況の最適化を提案するシステム、みたいなものが作りやすくなりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS


次の記事
HTML5で作られた表計算ウィジェット。ソート、フィルタリング、条件付き書式、セル結合、罫線、タッチ対応などExcelライクな「SpreadJS 9J」発表。グレープシティ

前の記事
Lenovo、ハイパーコンバージドインフラへ参入、「Converged HX Series」を公開。Nutanixのソフトウェアを搭載


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig