建設中のAmazonデータセンターで火災発生、米バージニア州にて。けが人などはなし

2015年1月13日

1月9日金曜日の午前10時頃(現地時間)、米バージニア州で建設中のAmazonデータセンターで火災が発生したことを複数のメディアが伝えています。

同地域の火災事故をツイートするCAROLINAS FIRE PAGEでも、火災の様子を報告しています。

報道をまとめると、火災は午前10時頃発生し、10時12分頃には消防隊が到着。屋根や建築資材を燃やして50分程度で鎮火。作業員などは無事に避難し、けが人などはなかったとのことです。

Amazonクラウドの広報もこれらの報道を認めた上で、構築中のデータセンターの火災であることから現状のビジネスへの影響やリスクは一切ないとのコメントを明らかにしていると伝えられています。

バージニアにはすでに「米国東部リージョン」と呼ばれるAmazonクラウドのデータセンターの1つが稼働しています。建設中のデータセンターはこれに加わるものとなるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , クラウド



≫次の記事
前面にLenovoロゴを刻んだ初めてのSystem x製品「System x3500 M5」が登場
≪前の記事
AmazonクラウドとAzure、相次いでHaswell-EPベースの大規模インスタンスを提供へ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig