Oracle 12.1cはカラム型インメモリデータベースになるとエリソン氏。32TBメモリのSPARCサーバと組み合わせ

2013年6月25日

米オラクルCEOのラリー・エリソン氏は先日行われた電話会見にて、Oracle 12.1cがカラム型データベースとインメモリデータベース機能を備える、と発言したと報道されています。

CIO magazineの記事から、エリソン氏の発言を引用しましょう。

Oracle Database 12.1c will be a "columnar, compressed, high-speed, in-memory database," Ellison said. "One reason I was confident SAP HANA could never compete with Oracle was because of 12.1c."

Oracle Database 12.1cは“カラム型、圧縮、高速、インメモリデータベース”になるだろうとエリソン氏。“12.1cの登場によって、SAP HANAは二度とOracleと競合できなくなると確信している”

オラクルはすでにTimesTenというインメモリデータベースを製品として提供していますが、ついに主力製品であるOracle Databaseにインメモリデータベース機能が搭載されることになるようです。しかもカラム型データベース機能も併せ持つということで、機能的にみてSAP HANAと完全に競合することになります。

エリソン氏が名指して対抗意識を明らかにした発言からも、Oracle 12.1cはSAP HANAを狙い撃ちにしたように見えます。

エリソン氏はさらに、このOracle Database 12.1cを、32TBメモリを搭載したSAPRCサーバと組み合わせることも明らかにしています。おそらく次世代のExadataとしてインメモリデータベースに最適化したエンジニアドシステムを考えているのでしょう。

Oracle 12.1cの登場時期は未定

ただし、昨年秋に発表された最新バージョンのOracle Database 12cは、4月の時点で「30日以内に出荷される」予定でしたが、まだ出荷は発表されていません。当然のことながら、Oracle Database 12.1cのリリース時期も明らかにされていません。

米オラクルは今週、マイクロソフトやセールスフォース・ドットコムとの提携を発表すると予告しています。おそらくこれは、Oracle Database 12cの正式出荷に関係した発表ではないかと想像します。いずれにせよ12cの出荷はもうすぐでしょう。

Oracle Dataabse 12.1cはバージョン番号から判断すればそのあとのマイナーバージョンアップとなります。バージョン番号にして0.1程度の差分だとすると、もしかしたら年内などの早期に登場するか、もしくはExadataなどのエンジニアドシステム限定のバージョンになるのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Oracle , インメモリデータベース , カラムガタデータベース , リレーショナルデータベース



≫次の記事
オラクルとマイクロソフトがクラウドで戦略的提携。ただしAWSが共通の敵というわけではない
≪前の記事
Google AppsやOffice 365がオフィスの主流に。2022年にはオフィスソフトの60%がクラウド版へ移行するとの予想。ガートナー

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus