国内パブリッククラウド市場、2012年は44.8%増の933億円。2017年には市場規模3倍以上に。IDC Japan

2013年4月3日

「2013年以降の国内パブリッククラウドサービス市場は、適用するシステム領域の多様化と、利用量の拡大が見込まれます」。調査会社のIDC Japanは、国内のパブリッククラウド市場の調査結果を発表、この先も高い成長が続くとしました。

調査によると、2012年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は前年比44.8%増の933億円。クラウドファーストを選択する企業は増加し、コラボレーションやCRMなどの領域でその傾向が高いと分析しています。

国内パブリッククラウドサービス市場は著しく発展しています。その特徴から、クラウドを用いたIT導入を優先的に検討する「クラウドファースト(Cloud First)」を推進するユーザー企業は増加しています。なかでも、コラボレーティブやCRMアプリケーション、バックアップ/リカバリーサイト、一般消費者向けWebシステムなどの領域では、「クラウドファースト」の浸透が見られます。

今後も国内パブリッククラウドサービス市場は拡大を続け、2017年の同市場規模は、2012年比3.4倍の3,178億円になるとIDCは予測。ただし成長率については2012年がピークだろうとのこと。

fig 国内パブリッククラウドサービス市場 セグメント別売上額予測、2012年~2017年

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : クラウド , 調査結果



≫次の記事
2012Q4、IaaSはAmazonが突出した首位、PaaSはSalesforceが19%で首位。調査Synergy Research Group
≪前の記事
Arista Neworksがスイッチ製品とOpenStackをネイティブに統合すると発表

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig