PhoneGap 2.0がリリース。JavaScriptの性能向上、Windows Phoneサポートなど

2012年7月25日

モバイル向けにHTML5/JavaScript/CSSで開発されたWebアプリケーションをラップし、iOSやAndroidなどのデバイスにインストール可能なネイティブアプリケーションに変換できるフレームワーク「PhoneGap」が、最新版のPhoneGap 2.0としてリリースされました

PhoneGap | Adobe PhoneGap 2.0 Released

PhoneGapは昨年アドビに買収されAdobe PhoneGapとなっていますが、PhoneGapのソフトウェア自体は買収前にオープンソースとしてApache Software Foundationに寄贈。オープンソース版はApache Cordovaとなっています。

PhoneGap 1.0がリリースされたのは昨年8月のことでした。約1年でメジャーバージョンアップを果たしたことになります。

主な変更点はCordova WebViewやCLI、JavaScriptの改善など

PhoneGap 2.0の主要な機能を、発表資料を基に紹介します。

また、iOS対応アプリの作成が改善され、Xcodeテンプレートのサポートを廃止し、コマンドラインからCordovaベースのアプリケーションプロジェクトを作成を行うようになるとのことです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , PhoneGap , モバイル



≫次の記事
ネットワーク機器で起きている新しいトレンド、コモディティハードウェア。Pica8 CEOが来日。
≪前の記事
HTML5仕様をめぐるW3CとWHATWGについて、Ian Hickson氏がメーリングリストに書いたこと

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus