サイボウズのクラウド「Kintone」は、アプリストア+ノンプログラミング開発か?

2011年4月20日

サイボウズは4月18日、クラウド上にアプリケーション開発基盤と運用プラットフォームを実現するPaaS(Platform as a Service)の「kintone」(キントーン)を発表しました。今年の秋に提供を予定しています。

Cybozu | kintone

kintoneの特徴は、アプリケーションの開発機能と、それを素早く運用開始できる点にあるとサイボウズは説明しています。リリースから引用します。

手頃な価格での高品質なアプリケーション開発と、これまでにない速さ(最短10分)での運用開始を実現するのが、サイボウズのファストシステム「kintone」です。

Salesforce.comの機能に似ているか?

kitoneがどのようなアプリケーション開発機能などを備えているか、まだ詳細は発表されていませんが、公開されている動画からその一端をうかがうことができます。

kitoneにはあらかじめいくつかの業務アプリケーションの機能を提供するアプリストアが用意され、ここから必要な機能やアプリケーションを選ぶことができるようです。

fig APPS STOREのメニューから右側のカートに、メールや暗号化、サーバ、ウォレット(サイフ)などが選ばれている(kitoneの紹介ビデオより)

また、画面を独自にカスタマイズして業務にあったものにする機能も紹介されています。カスタマイズ機能では、画面に必要な部品をマウスで選択、配置していきます。

fig

プロパティなどを設定すれば画面フォームができあがります。

fig

こうしてみると、kitoneの中心的な機能は、基本となるさまざまなアプリケーションを提供するアプリストアと、ノンプログラミングによるアプリケーションのカスタマイズや開発機能のようです。

これはセールスフォース・ドットコムがSalesforce CRMを基本機能とし、それをカスタマイズできる機能をForce.comとしてPaaSで提供しつつ(カスタマイズだけならForce.comを使わずともできますが)、アプリストアとしてAppExchangeを用意しているモデルに似ています。

サイボウズはリリースの中でセールスフォース・ドットコムについて次のように名指しで書いており、同社を意識していることをうかがわせています。

salesforce.com社の「Force.com」のような現状の主要アプリケーション開発プラットフォームは、決して安価とはいえません。開発には複雑なプログラミング知識を必要とするサービスがほとんどです。そのため、注目度が高いにもかかわらず、実際に導入にはコストや工数の大きな壁が立ちはだかっています。

サイボウズは、kitoneの基盤となるクラウドとしてのIaaSも同時に開発していると発表しています。さらに同社は以前から「サイボウズ デヂエ」のような、カスタマイズにより業務アプリケーションを構築することを売りにした製品を提供してきており、そこで得たノウハウの蓄積も活かせるでしょう。

秋に登場する日本発のPaaSがどのような製品になるのか、期待して待ちたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

タグ : Salesforce.com , クラウド , サイボウズ

≫次の記事
クラウドでは、サーバ仮想化、ストレージ仮想化に続いてネットワーク仮想化が不可欠となる。ミドクラに聞いた
≪前の記事
リレーショナルデータベースはNoSQLを取り込み始めた。NewSQLの登場とNoSQLの終わり、という予想

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


新サイト「Publickey Topics」始めました!


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed





アクセスランキング - 過去7日間

  1. [速報]IBMとマイクロソフトがクラウドで協業を発表。WebSphereやDB2がAzureで、.NETランタイムがBluemixで利用可能に。協業の意味を分析する
  2. Amazonクラウド、ディレクトリサービス「AWS Direcrory Service」開始。Smabaベース、Active Directory対応
  3. Docker 1.3リリース、電子署名付きDockerイメージ、コンテナのプロビジョニング、Mac OSとのディレクトリ共有などの新機能
  4. 「Windows ServerがDockerを採用する」とはどういうことなのか
  5. IBM、半導体事業の売却後もPOWER Systemsなどサーバビジネスは変わらず継続。サーバの設計、研究開発や半導体の基礎研究なども進めると
  6. マイクロソフト、オンプレミス用Azureとなる垂直統合システム「Cloud Platform System」発表。デルのサーバで11月発売
  7. マイクロソフトの最新データセンター事情。リージョンあたり16棟のデータセンターと60万台のサーバ
  8. 「ビジネスプロセス上の労働者が半分になる」「アルゴリズムによって考案された破壊的ビジネスの登場」、2020年までにITが引き起こすビジネスの変化トップ10をガートナーが発表
  9. IBMがSoftLayerを買収して約1年。あれからSoftLayerは変わったのか? CTOに聞く
  10. Amazonクラウド、ディレクトリサービス「AWS Direcrory Service」開始。Sambaベース、Active Directory対応
  11. VMware/Cisco/EMCが合弁で設立したVCE、EMCの傘下に
  12. Google、モバイルBaaSのFirebaseを買収、クラウドに統合へ。モバイルアプリのオフライン対応、リアクティブプログラミングなどを実現
  13. 「パブリッククラウドで最大の仮想マシン」、Azureが最大32物理コア、450GBメモリ、6.5TB SSDの仮想マシン「Gファミリー」と、IOPSが5万以上/レイテンシ1ミリ秒以下の「プレミアムストレージ」を発表
  14. 「クラウドでオラクルは勝ち残っていきますよ」、エリソン氏直属のチーフコーポレートアーキテクトに、OpenStack採用とクラウド戦略を聞く
  15. [速報]マイクロソフトがDockerと提携、次期Windows ServerでDockerを採用と発表。Microsoft AzureではDocker Hubとの統合も

Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus