グーグル、「政府専用Google Apps」発表。しかし、ロサンゼルス市はセキュリティの懸念でGoogle Appsの導入延期へ

2010年7月27日

米グーグルは7月26日、政府専用にセキュリティを強化した「Google Apps for Government」を発表しました

Business email, documents, and intranet sites for Government - Google Apps for Government

Google Apps for Govermentは、米連邦政府が求めるセキュリティ要件「FISMA」(Federal Information Security Management Act)の認定を得たとのこと。グーグルは昨年2009年9月には政府専用Google Appsの開発を表明しており、それが今回実現したものです。

Google Apps for Govermentの機能は、一般に提供されているGoogle Appsと変わらず、Gmail、Google Calendar、Google Docs、Google Sites、ビデオ共有機能などを備えています。

オバマ政権はクラウド調達によるコスト削減策を積極的に展開しており、クラウドをベースにしたITサービスをセルフサービスで購入できるポータルサイト「Apps.gov」を昨年から開設。すでに政府公式のWebサイト「Recovery.gov」をAmazonクラウドへ移行するなど、クラウドの採用が着々と進んでいます。

Google Apps for Governmentは、こうした流れを加速するものになりそうです。

また、マイクロソフトも今年の2月に政府専用クラウド「BPOS Federal」を発表しており、報道によると近くFISMAの認定を受ける可能性があるそうです。

遅れるロサンゼルス市へのGoogle Appsの導入

一方で、昨年12月に職員が利用するサービスとしてGoogle Appsへの移行を表明したロサンゼルス市は、6月末を導入のデッドラインとしていました。しかし、導入に関わる作業は間に合わなかったと、海外の複数のメディアが報じています。

その主な理由は、Google Appsに対する市警察のセキュリティの懸念が払拭されなかったため。MarketWatchから引用します。

The primary culprit: Security concerns about Google Apps expressed by the city's police department.

懸念を払拭するためにどのような作業が行われているかについては伝えられていませんが、すでにロサンゼルス市の職員約1万人がGoogle Appsへの移行を終え、さらに6000人が8月中旬までに移行、約1万3000人の市警察職員の移行についてはその後に詳細を詰めると、市CTOは語っています。

ロサンゼルス市警察はGoogle Apps導入の際に、次のような厳しいセキュリティ要件を求めていました(参考:Google Apps採用のロサンゼルス市、特別バージョンを要求)。

恐らくは、こうした要件を満たすための作業、もしくは確認の作業が行われているのではないかと想像されます。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Microsoft , SaaS , クラウド , セキュリティ



≫次の記事
Cassandra入門と、さらに詳しく知るためのリソース集
≪前の記事
IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた 2010年版 ~ SIer/システム開発、パッケージソフトウェア企業編

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus