ブログにTwitterボタンを付ける方法

2009年5月21日

Webサイトの訪問者を増やすためには、ソーシャル機能の活用は欠かせません。そこで先週末に少しだけこのブログの機能追加をしました。日付欄の右に付いているように、はてなブックマーク、Del.icio.us、そしてTwitterに対応したボタンを追加したのです。

はてなブックマークやDel.icio.usのボタンは、それぞれのWebサイトにボタンの作り方が紹介されています。

はてなブックマークは、このページでブログ別にボタンの追加方法が紹介されています。

Del.icio.usでは、このページにボタンの追加方法が紹介されています。Del.icio.usの場合はどのブログでも共通の方法ですね。

追記:Yahoo!ブックマークとLivedoorクリップのボタン設置については、それぞれ以下のページで紹介されています。

追記ここまで。

ところがTwitterボタンの追加方法はTwitterのサイトには書いてありませんでした。いくつか参考になるサイトはあったのですが、いちばん分かりやすかったのが次のWebサイトの説明です。

Twitterボタンはこういう仕組みだそうです。

http://twitter.com/home?status=XXX

このXXXにURLエンコードした文字列を入れれば、その内容がTwitterのテキストエリアに表示される、というもの。URLエンコード処理が抜けたままTwitterボタンの作成方法を紹介しているWebサイトもありましたが、リンクとして表現するのですからURLエンコードは必要だと思います。

あとは、このブログで使っているMovableTypeのMTタグでこの機能を再現すればいいだけです。以下のように組んでみました。

<a href="http://twitter.com/home?status=
<$MTEntryTitle encode_url="1"$>%20
<$MTEntryLink encode_url="1"$>" 
 target="_blank">
<img title="この記事についてTwitterでつぶやく"
 src="icon_twitter.png">
</a>

それからTwitterボタンの素材を探したのですが、ほかのボタンとサイズが揃ったいいものが見つからなかったで、自分でTwitterのアイコンを少し加工して作ってみました。もしご希望の方がいましたら、ご自由にコピペして使っていただいてかまいません。

Twitterボタンでこのブログのことをつぶやいてみてください!

関連記事 on Publickey

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Twitter , Webサイト運営記



≫次の記事
SaaSであってもセールスは電話を使って地道に行われる
≪前の記事
マイクロソフト2010年までの製品ロードマップ。分散メモリキャッシュ、大規模並列処理など登場

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus