結果整合性(Eventual Consistency)についての分かりやすいプレゼン資料

2009年4月27日

クラウドとキーバリュー型データベースなどの登場によって注目を集め始めたのが、これら分散システムの基礎的な理論ともいうべきCAP定理と結果整合性(Eventual Consistency)です。それぞれがどういうのものなのか? を分かりやすく解説したプレゼンテーションの資料がSlideshareで公開されています。

作成者はRESTエバンジェリストの山本陽平氏。4月17日に行われたyokohama.pm(横浜Perlモンガーズのテクニカルトーク)で行われたプレゼンテーションの資料です。

この資料の中から、いちばん大事な1ページだけを抜き出すとしたら、このページでしょう。

fig

山本氏はブログでもCAP定理について詳しく説明していて、僕もとても参考にさせてもらっています。また、僕も以前CAP定理についてエントリを書いているので、よろしければご参照ください。

関連記事 on Publickey

関連記事 on the Web

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  CAP定理


次の記事
FBIが令状によりデータセンターを押収、巻き添えの顧客は大損害

前の記事
Oracle互換のPostgreSQLは勢いを増すか? 動向を追ってみた


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig