MariaDBがニューヨーク証券取引所への株式公開を発表

2022年2月3日

MySQLからフォークしたオープンソースデータベースとして知られるMariaDBを開発するMariaDB社が、ニューヨーク証券取引所への株式公開を行い、上場企業になることを発表しました。

株式公開は2022年下半期に完了する予定です。

MariaDBは、MySQLのオリジナルの開発者だったMichael "Monty" Widenius氏が、MySQLをフォークして立ち上げたプロジェクトです。そして、そのMariaDBを推進する企業であったSkySQL社が2014年に社名を「MariaDB Corp.」に変更し、現在のMariaDB社になります。

当初はMySQL互換がMariaDBの最大の特徴でしたが、2016年にはカラム型データベースエンジンを搭載した「MariaDB ColumnStore」を発表してOLAP市場へ参入、2018年にはMySQL互換の分散データベースClustrixを買収するなど、独自の技術と実装を備えた製品展開を開始しました。

現在ではミッションクリティカル向けの「MariaDB Enterprise Server」、スケーラブルなデータベースを実現する「MariaDB Maxscale」、アナリティクス向けの「MariaDB Columnstore」、クラウドデータベースサービスの「SkySQL」など、幅広い製品展開を行っています。

同社CEOのマイケル・ハワード氏は株式公開にあたり「I am excited that a public investor base and enhanced capital access will allow us to accelerate the go-to-market for our technology that has already been battle-tested and proven its market fit.」(株式公開と資本アクセスの強化により、すでに実践で証明されている我が社の技術の市場投入が、さらに加速できると期待しています)と、コメントしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ データベース / MariaDB



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本