マルチクラウド採用の企業は81%、サーバレス採用の企業は12%から21%へ急増。RightScaleの調査2018年版

2018年2月14日


マルチクラウドに対応したマネジメントサービスを提供している米RightScaleは、クラウドに関するユーザー調査の2018年版「State of the Cloud Report | RightScale」を発表しました。

RightScaleによる調査のため、マルチクラウドのユーザーが多めにでる傾向はあると思いますが、今年も1000人以上の大企業においては、81%がマルチクラウドを採用している結果が出ています。

ただし、昨年の結果ではマルチクラウドの企業は85%となっていたため、マルチクラウドの採用率はほぼ横ばいといえそうです。

fig

どのクラウドを利用しているのかの結果が下記です。昨年と比較してもっとも成長しているのは、昨年の時点では存在していなかったVMware Cloud on AWS。Oracle Cloudも2倍に成長していますが、それを一気に抜き去っています。

fig

クラウドでどんなサービスを使っているか。もっとも利用されているのはDBaaS SQL、すなわちリレーショナルデータベースのサービスで44%、次がDBaaS NoSQLで28%です。成長率で見ると、Serverlessが21%でContainer-as-a-Serviceの19%を上回っているところが興味深いですね。

fig

そのほか詳しい調査結果はRightScaleのWebサイトで見ることができます

本記事は、元記事のライセンスを継承します。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  調査結果


次の記事
Java EEに代わる新名称の最終投票、Eclipse Foundationが実施中。「Jakarta EE」か「Enterprise Profile」か二者択一

前の記事
AppleもiOS/macOSをProgressive Web Apps(PWA)対応へ。次のSafari 11.1でService Workerなど実装


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig