Pivotalもサーバレスへ参入、「Pivotal Function Service」発表。Kubernetes対応

2017年12月7日


PaaS基盤ソフトウェアのCloud Foundryなどを展開するPivotalは、サーバレスコンピューティング基盤のソフトウェア「Pivotal Function Services」(PFS)を、サンフランシスコで開催中のイベント「SpringOne Platform」で発表しました。

Pivotal Function Services

Pivotal Function Servicesは、Kubernetes上に展開可能なサーバレスコンピューティング環境を実現するソフトウェアです。

サーバレスコンピューティングとは

サーバレスコンピューティングもしくはサーバレスアーキテクチャと呼ばれるアプリケーション実行環境は、一般にサーバのことを意識せずにアプリケーションを実行できる環境のことを指します。

例えば、アプリケーションを実行するためのサーバをあらかじめプロビジョニングしておく必要があったり、負荷が高くなったときのためにロードバランスを用意しておく、といったサーバ周りのことを考えなくとも、アプリケーションをデプロイするだけであとは自動的に実行してくれて、負荷に合わせてスケールしてくれる環境といえるでしょう。

そのサーバレスコンピューティング環境の実装として一般的なのが、あらかじめアプリケーションとして実行したいコードを関数として登録しておくと、指定されたイベントによって自動的に関数が呼び出されて実行されるという、いわゆるFunction-as-a-Service(FaaS)があります。

サーバレスコンピューティングの火付け役となったAWS Lambdaをはじめ、Microsoft AzureのAzure FunctionsGoogle Cloud FunctionsIBM Cloud Functions(旧OpenWhisk)など、既存のサーバレスコンピューティング環境はどれもFaaSといえます。

そして今回発表されたPivotal Function Servicesも、同様にFaaSを用いたサーバレスコンピューティング環境です。

オープンソースのriffがベース

Pivotal Function Servicesは、Mark Fisher氏がオープンソースで開発していた「riff」がベースになっています。Pivotalはこのriffの開発スポンサーになったとのことです。

対応する言語はNode.js、Spring/Java、もしくはShell。Apache KafkaやAWS Kinesis、Google Pub/Sub、RabbitMQなどのイベントブローカーとも接続可能。

Pivotal Function Servicesは2018年遅く(Later in 2018)に登場する予定です。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Cloud Foundry , Pivotal


次の記事
コンテナの軽量さと仮想マシンの堅牢さを兼ね備えた新しいコンテナ実装「Kata Containers」、OpenStack Foundationが発表

前の記事
Pivotal Cloud Foundry 2.0発表。Cloud Foundryは関連ソフトウェア全体のブランドに、実行環境は「Pivotal Application Service」に改名


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig