Google Compute Engineの仮想マシン、複数ネットワークインターフェイスをサポート開始。最大8つまで

2017年10月16日


Google Compute Engineで提供される仮想マシンで、複数のネットワークインターフェイス対応が開始されることが同社のブログにポストされた記事「GCP adds support for multiple network interfaces」で明らかにされました。

By default, VM instances in a Virtual Private Cloud (VPC) have a single network interface. Sometimes you need more than that, say, to enforce networking or security functions in the instance, or across isolated VPCs. That’s why today, we’re excited to announce that multiple network interface support is generally available, allowing you to provision up to eight network interfaces on a single VM instance.

デフォルトでは仮想プライベートクラウド(VPC)内のVMインスタンスは1つのネットワークインターフェイスを備えています。しかし、例えばネットワーキングやセキュリティの機能のため、あるいは分離されたVPC間を接続するためなどで、1つ以上のネットワークインターフェイスを必要とする場合もあるでしょう。
そこで本日、複数のネットワークインターフェイスの正式サポートを発表します。単体のVMインスタンスで最大8つまでのインターフェイスをサポートします。
GCP adds support for multiple network interfaces」から引用

1つのVMに対して複数のネットワークインターフェイスを用いることで、以下のようなことが実現できると説明されています。

1つの仮想マシンに最大8つのNIC

ドキュメントによると、VMインスタンスに設定できるネットワークインターフェイスの数はインスタンスのタイプによって異なり、おおむねvCPUあたり1つとされています(もう少し細かな記述あり)。

また、1つのインスタンスで設定した各ネットワークインターフェイスは異なるVPCネットワークに接続されていること、各インターフェースが重複しないIPの範囲で(異なるVPCネットワークの)サブネットに属すること、インターフェースごとに任意で外部IPアドレスを設定できること、などの要件が定められています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google Cloud Platform , Google Compute Engine


次の記事
「Bash on Windows」という名称は非推奨に。正式名称「Windows Subsystem for Linux」(WSL)としてベータを卒業、正式リリースに

前の記事
HashiCorp創業者、ミッチェル・ハシモト氏に聞く(後編)~ハシモト氏と日本の関係、そしてファウンダーとしての役割とは


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig