AWS CodeBuildとAWS CodeStarがオープンソースの.NET Coreに対応。.NET Core対応言語で開発されたアプリのビルド、継続的デプロイなどが可能に

2017年6月30日

Amazon Web Services(AWS)は、AWS CodeBuildAWS CodeStarが、オープンソースの.NET Coreに対応したことを発表しました。

AWS Buildで.NET Core対応言語のアプリをビルド可能に

AWS CodeBuildはマネージドサービスとしてAWSが提供しているビルドサービスです。

ビルドサーバのインストールや設定、ビルドサーバのアップデート、パッチの適用などは不要で、ビルドのボリュームに応じて自動的にスケーリングされるため、ビルドが集中しても待たされることがないようになっています。

今回の.NET Coreサポートは、.NET Coreでサポートされている言語で開発されたアプリケーションがAWS CodeBuildでビルド可能になったことを示しています。現時点でのビルド環境のリファレンスを見ると、Ubuntu 14.04で.NET Core 1.1を用いてビルドしているようです。

継続的デリバリのためのツールチェーンを実現するAWS CodeStar

AWS CodeStarは、継続的デリバリを実現するためにビルド、テスト、デプロイなどに関連する開発ツールを連係させる、いわゆるツールチェーンを実現するための機能をマネージドサービスとして提供しています。

複数のツールの連係をAWS CodeStarが提供するユーザーインターフェイスで管理できるようになっており、ここからコードのコミット、ビルド、テスト、デプロイなどのソフトウェア開発プロセスの全段階にわたって進行状況を追跡できます。

AWS CodeStarには、WebサイトやWebアプリケーションなどのアプリケーションの種類やPHP、Java、JavaScript、PHP、Ruby、Pythonなどのプログラミング言語に応じて、継続的デリバリを実行するためのプロジェクトテンプレートがあらかじめ用意されているため、ツールチェーンを用いたプロジェクト管理を開始しやすくなっています。

今回のAWS CodeStarによる.NET Coreのサポートで、このテンプレートに.NET Coreを用いたアプリケーション開発のプロジェクト用テンプレートが加わりました。

現時点で、AWS CodeBuildは東京リージョンで利用可能。そのほか米国東リージョン、米国西の各リージョン(バージニア、オレゴン、サンフランシスコ)、カナダリージョン、EUの各リージョン(アイルランド、ロンドン、フランクフルト)、シドニーリージョン、シンガポールリージョンで利用可能。

AWS CodeStarは、米国東の各リージョン(バージニア、オハイオ)、米国西リージョン(オレゴン)、アイルランドリージョンで利用可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  AWS , DevOps , 継続的デリバリ


次の記事
Mozilla Japanは「WebDINO Japan」に。Mozillaの公式支部という立場を離れ、Webブラウザなどに対してニュートラルな立場へ。その理由を広報に聞いた

前の記事
Docker 17.06 Community Editionが登場。マルチステージビルド機能が安定版に。コンテナプラットフォームを組み立て可能にする「Moby Project」で開発された初のバージョン


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig