AMD、サーバ向けプロセッサ「EPYC」発表。シングルソケットでXeonのデュアルソケットよりも高速と主張

2017年5月23日

AMDはサーバ向けの新型プロセッサ「EPYC」(エピック)を発表しました

fig

AMDは発表の中で、現在サーバ向けプロセッサ市場をほしいままにしているインテルXeonプロセッサへの対抗を、プレスリリースの中で次のように示しています。

EPYC aims to revolutionize the dual-socket server market while simultaneously reshaping expectations for single-socket servers.

EPYCはデュアルソケットサーバ市場を革新すると同時に、それをシングルソケットサーバへの期待に変えることを目指している。

つまりシングルソケットのEPYCはデュアルソケットのXeonより速い、というのが同社のメッセージです。

同社は5月16日に開催した「AMD 2017 Financial Analyst Day」においてEPYCとXeonのデュアルソケットとの性能比較のためのベンチマークテストを実行。シングルソケットのEPYCの方がデュアルソケットのXeonよりも高速であることを示して見せました。

fig

EPYCはシングルソケットあたり最大で32個のZenコアを搭載。1コア当たり2スレッドで最大64スレッドを実行可能。デュアルソケット構成で32枚のDDR4 DIMMを16チャネルで接続し、最大4テラバイトメモリを搭載可能とされています。

EPYCの正式リリース日はまだ発表されていませんが、すでにDropbox社がEPYCプロセッサを搭載したサーバを評価しているとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : AMD , Intel , サーバ



≫次の記事
「GitLab 9.2」リリース。1つのIssueに複数人をアサイン可能に、国際化対応を開始、Kubernetes環境へインストール対応など
≪前の記事
単一のメモリ空間として160テラバイトものメモリを搭載、メモリドリブンな「The Machine」のプロトタイプをHPEが発表。理論上4096ヨッタバイトまで拡張可能と

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig