Kubernetes 1.4リリース。Dockerコンテナのクラスタ構築が容易に、バッチ処理などの定期的実行に対応など

2016年9月29日

Dockerコンテナをクラスタ化し、運用管理するツール「Kubernetes」の最新版「Kubernetes 1.4」がリリースされました

Kubernetes: Kubernetes 1.4: Making it easy to run on Kubernetes anywhere

Dockerコンテナはこれからのクラウドネイティブなアプリケーションのプラットフォームとして本命視されており、そのクラスタ運用管理ツール、あるいはスケジューラと呼ばれるツールの重要性が高まっています。

Kubernetes 1.4の主な新機能は以下です。

Dockerコンテナのクラスタ構成を容易に
新コマンド「kubeadm」の導入で複雑なスクリプトを不要にし、「kubeadm init」でマスター起動し、「kubeadmin join」でクラスタをノード化するという、2つのコマンドで簡単にDockerコンテナのクラスタを起動できるようになりました。

バッチ処理やデータベースなどのステートフルなアプリ対応を拡充
「ScheduledJob」コマンドが追加され、バッチ処理のような定期的な処理に対応(アルファ版)。データベースのようにクラスタの起動よりも前に起動したいアプリケーションのための「init-containers」がベータ版に。

クラウドをまたいだクラスタのレプリカ、ロードバランスの実現
リージョンやクラウドをまたいだレプリカを実現する「Federated Replica Sets」機能がベータに。リージョンやゾーンを超えたグローバルなレイヤ7のロードバランスを実現する「Federated Ingress」は、Google Cloud Platform対応としてアルファ版に。

セキュリティの強化
Podやコンテナのセキュリティコンテキストを作成、管理する属性の「Pod Security Policy」を追加。AppArmorのサポートが追加されました。

11月にはKubernetesのイベントである「KubeCon」が米シアトルで予定されています。もしかしたらそこで今後のロードマップや新機能などが発表されるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , Kubernetes , コンテナ



≫次の記事
Windows仮想マシンをDockerファイルに変換する「Image2Docker」登場
≪前の記事
マイクロソフト、隔離されたブラウザ実行環境でマルウェア被害を防ぐ「Windows Defender Application Guard for Microsoft Edge」発表。Microsoft Ignite 2016

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus