「Git Hub Enterprise 2.5」リリース。数万人の大規模な開発チームにも対応するクラスタリング構成、アクセスの集中にはキャッシュインテンシブな処理で対応

2016年2月12日

GitHubは大規模な組織での利用にも対応したソースコード管理ソフトウェアの新版「Git Hub Enterprise 2.5」のリリースを発表しました

GitHub Enterprise 2.5の最大の変更点は、大規模な開発チームでの利用にも対応するようにクラスタリング構成によるスケールアウトが可能になったことです。

fig

ただしクラスタリングは非常に大規模な運用向けに特別に設計されているため、管理リソースの追加も必要となるとのこと。

また、Git Hub Enterprise 2.5では内部的にキャッシュインテンシブな処理を実現し、大量の開発プロジェクトを抱えていたり、大規模な継続的インテグレーションなどによって集中的にソースコードへのアクセスが発生した場合などでも性能低下を防ぐようになっています。

画面デザインではナビゲーションが改善され、シンプルな画面になりました。

fig

Subversionの1.8と1.9もサポートされるようになったため、1.8と1.9に対応した新しいSubversionクライアントもGitHub Enterpriseで使えるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : GitHub , 開発ツール



≫次の記事
VMware、x86サーバを束ねて仮想ストレージを構築する「Virtual SAN 6.2」リリース。ハイパーコンバージドインフラストラクチャ市場へソフトウェアでアプローチ
≪前の記事
「Angular 1.5」がリリース。コンポーネントディレクティブ機能の追加などで、Angular 2への移行を容易に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus