ゲストOSにWindows 10もサポートしたXenServer 6.5 SP1をリリース、XenCenterでDockerコンテナも管理可能に。Citrix Synergy 2015

2015年5月14日

シトリックス・システムズは、フロリダで12日から開催中の年次イベント「Citrix Synergy 2015」で、オープンソースとして開発されている仮想化ハイパーバイザXenServerの最新版「XenServer 6.5 SP1」のリリースを発表しました

fig

XenServer 6.5が今年の1月にリリースされており、約半年でのマイナーバージョンアップ。

XenServer 6.5 SP1では、XenServer 6.5からさらに性能が改善され、最大で1ホスト当たり1000VMに対応、nVIDIAとインテルとの協業により仮想GPUも強化。

ゲストOSのサポートにWindows 10用を追加(正式サポートはWindows 10のリリース後)。CoreOSもサポート。

また、XenServer上でDockerを活用しやすくするため、管理ツールのXenCenterからDockerコンテナも一元的に管理できるようになりました。

fig

これによって、仮想マシンを使うか、それともコンテナを使うかという二者択一ではなく、用途に応じて適切な選択や組み合わせをしやすくなると説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Citrix , Docker , 仮想化



≫次の記事
io.jsがNode Foundationに参加を決定。Node.jsとio.jsは統合へ
≪前の記事
仮想デスクトップを、いまそこにあるスクリーンへ自動転送。シトリックスが新技術「Citrix Workspace Hub」を披露。Citrix Synergy 2015

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig