オラクル、SolarisにDockerを統合すると発表。WebLogicもDocker対応へ

2015年8月3日

オラクルは「Oracle Solaris」にDockerを統合する計画を発表しました

昨年5月にはSolarisにOpenStackも統合されており、オラクルはDockerの統合も合わせてSolarisのクラウド対応を進めているとしています。

Solarisには10年以上前からDockerのようなコンテナ技術として「Solaris Container」(現在の名称は「Solaris Zone」)が搭載されていました。SolarisにDockerを統合することで、Solaris Zoneで構築・展開されたアプリケーションを、Dockerを用いて容易に配布できるようになるとオラクルは説明しています。

これはおそらく、Solaris Zoneの内容をDockerイメージとしたり、あるいはDockerイメージをSolaris Zoneとして展開できるようになることを意味しているのではないかと推測されます。

またオラクルはこの発表の中で、Solarisだけでなく同社のアプリケーションサーバであるWebLogic ServerもDockerイメージに対応する予定であることを発表しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Windows / Linux / OS
タグ  Docker , Oracle , Solaris


次の記事
米シトリックスのマーク・テンプルトンCEOが退任を表明。後任CEOの選定を開始

前の記事
クラウド市場は大手による寡占化が進む。上位4社の合計シェアが過半数。中小ベンダはニッチを狙うべきと。シナジーリサーチグループ


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig