React.jsの最新版「React v0.13」リリース。ECMAScript 6のClassをサポート、Reactをさらに高速にしていくと宣言

2015年3月12日

Facebookが開発しているUI用のJavaScriptフレームワーク「React」の最新版「React v0.13」がリリースされました

React v0.13 | React

Reactは仮想DOMと呼ばれる仕組みによって高速にHTMLの動的な書き換え機能などを提供し、Webアプリケーションのフロントエンド部分の構築を支援してくれるJavaScriptライブラリです。

React v0.13では、Reactコンポーネントの作成にECMAScript 6のClassが使えるようになり、Reactが提供するクラスシステムを使わなくともJavaScriptだけで記述できるようになりました。

Reactエレメントのコピーを作成するAPIなどの新機能を追加したほか、いくつか過去のバージョンとの互換性がなくなる部分もあるため、発表文などで変更の内容を確認するとよいでしょう。

また、この発表の中でReactは今後さらに高速化を行っていくと次のように書いています。

At EmberConf and ng-conf last week, we were excited to see that Ember and Angular have been working on speed improvements and now both have performance comparable to React. We've always thought that performance isn't the most important reason to choose React, but we're still planning more optimizations to make React even faster.

先週開催されたEmberConfやng-confで、われわれはEmberやAngularの実行速度が改善され、どちらも性能面でReactと比較できるようになったことを驚きの目で見てきた。われわれはいつも、性能だけがReactが選ばれる理由ではないと考えてはいるが、しかしわれわれは依然としてReactをより高速にすべく最適化していく計画だ。

JavaScriptのライブラリは、Webアプリケーションの大規模化と高度化に対応すべく、現在さまざまなMVCフレームワーク群やReactのような周辺のフレームワーク群などが活発な進化を見せています。JavaScriptの進化と並んでこれから機能も性能も大きく進化していきそうで、とても楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScipt , React.js



≫次の記事
VCE、垂直統合システムで仮想ネットワーク機能にCisco ACIとVMware NSXを選択可能な「VxBlock Systems」を発表
≪前の記事
Google、1GB当たり1セントながら3秒以内にデータ取得できるニアラインストレージ「Cloud Storage Nearline」提供開始

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus