OpenStack Mリリースの名称「Meiji」(明治)は撤回。別の候補群から再選択へ

2015年7月9日

来春登場のOpenStack Mリリースの名称として発表された「OpenStack Meiji」(明治)の決定は撤回され、別の名称を選択することが、OpenStack Devメーリングリストにポストされたメール「[openstack-dev] Rescinding the M name decision」(Mの名称決定は撤回する)で示されました。

(7月15日追記:決定しました OpenStack Mリリースの名称が「OpenStack Mitaka」(三鷹)に決定、紆余曲折の末。10月に東京開催のOpenStack Summitにちなみ

7月7日に公開したPublickeyの記事「[速報]来春登場「OpenStack Mリリース」の名称が「OpenStack Meiji」(明治)に決定。10月に東京開催のOpenStack Summitに合わせ」で紹介したとおり、OpenStack Mリリースの名称はいったん「OpenStack Meiji」になったと発表されました

しかしメーリングリストで韓国と中国の開発者から、「Meiji」(明治)の名称は韓国併合や日清戦争が行われた明治時代や明治天皇を想起させるため、東アジアにおいて歴史的、政治的な議論を呼びかねないとの懸念が表明されました。これに関連して日本の開発者からも名称を変えた方がいいとの意見が表明されます。

それらの意見を受けてメーリングリストには、Mリリースの名称を撤回するという「[openstack-dev] Rescinding the M name decision」がポストされました。

このメールでは、できるだけあらゆる意見を尊重するという方針が示されています。

It turns out fully open community and fully inclusive collaboration is a hard thing to get right. On the one hand, we do not want to exclude anyone's input or contribution. On the other hand, we do not want the result of that openness to result in effective exclusion or seeming persecution of a minority group.

完全にオープンなコミュニティで、包括的な協力を正当に行うことは容易ではない。私たちは誰の発言や貢献も除外したくない一方で、このオープンさの結果として排除のような効果が生じたり少数の人たちを悩ませるようなことが起こることも望んでいないのだ。

Mリリースの名称は、今回の決定のために行われた人気投票において、OpenStack Foundationによってリーガルリスクがあるとして外された1位の「Mita」(三田)と2位の「Minato」(港)、そして今回撤回された3位の「Meiji」(明治)を外し、4位の「Mitaka」(三鷹)、5位の「Musashi」(武蔵)、6位の「Meguro」(目黒)から選ばれる見通しです。

OpenStack Foundationは4位から6位の名称のリーガルチェックを行い、メーリングリストではこれらの名称に別の懸念がないか意見を募り、その両者を総合して判断されることになりそうです。結果は1週間程度で出るだろうと予想されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , OpenStack , クラウド



≫次の記事
[速報]Amazonクラウドが「AWS Device Farm」発表。モバイルの実機を大量に並べてテストを自動実行。AWS Summit 2015 New York
≪前の記事
Heroku、Go言語の正式サポートを発表

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus